FC2ブログ

再転勤で関西を去ってしまった、関東人の管理人が、それでもまだまだ出てくる「初めての関西」をこっそりとレポ-ト中。

「清水の舞台から飛び降りる覚悟」

死ぬ覚悟をするほどの重大な決意を表す比喩ですが。
それはその比喩が生まれた時代この清水寺本堂の舞舞台は
比類無き高さを誇っていたと言うことを示すのだと思っていました。

間違いでした。清水の舞台から飛び降りるのは大願成就の行のひとつ。
京都を中心にした民間信仰の願掛けの行が元になったいるのだそうです
清水の舞台から飛び降り、命を取り留めれば大願成就。
命を落としても行を積んだ末の願掛けなので極楽成仏が
約束されていた、というものすごい荒行に由来するのだそうです。

どちらにしても命を賭けてでも何かに辿り着かんとする
マネの出来ない一念がこの言葉を生んだのですね。

↓清水の舞台
清水寺⑤

実際に見るとやはり高いです
驚くのは、この高さのこの舞台を
クレ-ンもウインチも無い時代に
巨大な柱をこの高さへ「人力で」
組上げた建築技術ではないでしょうか?

↓清水の舞台から・・・
清水寺⑦

この清水の舞台は、何故舞台と言うのかというと、
文字通り、奉納舞などを行う為の舞い舞台だから。
なのだそうです。

ココから飛び降りるのは無理です。
無事ではすみません。
良い子はマネしちゃいけないよ。

↓京都駅方向
清水寺⑥

やはり舞台からの眺めは見晴らしがいいです。

↓本堂
清水寺⑨

奥の院の舞い舞台から見た本堂。
観光ガイドでおなじみのアングルです。
観光客の皆さんでごった返してらっしゃいます。

春の桜、夏の新緑、秋の紅葉、冬には雪。

来る季節によってまるで景色が違うそうなのです。
また今度来るときは、どんな景色に行き当たるのか
ちょっと楽しみです。
(↑また来る予定でいますよ)


↓オマケ。こんな風景もありました。






後一週間遅かったら
この色には出会えなかったでしょう。
いい色でした。

↓紫陽花
清水寺⑪

清水寺⑩

清水寺⑫

発色が今いち・・・
実物はもっとくっきりした
青だったのに・・・

写真ってむずかしいですね。


















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2019 初めての関西。, All rights reserved.