FC2ブログ

再転勤で関西を去ってしまった、関東人の管理人が、それでもまだまだ出てくる「初めての関西」をこっそりとレポ-ト中。

奈良県中西部の飛鳥盆地にある明日香村は、
いまでこそ「村」ですが、古代日本においては、
都が置かれ、まつりごとの中心だったところです。

↓近鉄飛鳥駅
AI-1_20090613230826.jpg
かつての大和の国の政都、といっても
どう凄いのか今ひとつわかりません。

今でこそ日本史知識が身についてきましたが、
高校時代は社会科選択科目に地理を選んだくらい
歴史全てがまるでダメ男な日本史アレルギ-でした。

飛鳥は修学旅行でも来なかったので
足を踏み入れるのは初めてです。

↓サル石???
AI-2.jpg
木製じゃんか・・・。
(・・・くだらないボケ)
コノ看板の先に奇岩・猿石があります。

↓吉備姫皇女王墓
AI-3.jpg
飛鳥駅からちょっと北側にある
欽明天皇陵墓(古墳)の隣にある
吉備姫皇女王墓、この柵の中に
猿石が安置されています。

↓謎の石①
AI-4.jpg
石には名前がつけられています
こちらは、山王権現(手前)と女(奥)。

↓謎の石②
AI-5.jpg
こちらが、僧(手前)と男(奥)。

猿のようにも人のようにも見えるコノ石の数々は、
欽明天皇陵墓近くの田んぼから掘り出されたもの
実は猿ではなく、この時代の渡来人を象ったもの
とも言われているそうですが、
何故田んぼから出土したのか、
何の目的で作られたのか、
モチ-フは正確には何なのか、
詳細はあくまで「謎」なのだそうです。

↓欽明天皇陵墓
AI-6.jpg
いきなり謎の猿石から始まりました。

謎だらけの飛鳥で、謎の石の数々を
見物してきたお話をお届けします。
よろしければお付き合いください。

↓飛鳥の謎の石の謎。謎にはあんまり突っ込まず、ブログランキングへ!


















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2019 初めての関西。, All rights reserved.