FC2ブログ

再転勤で関西を去ってしまった、関東人の管理人が、それでもまだまだ出てくる「初めての関西」をこっそりとレポ-ト中。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今年ももうそんな季節なんですね。

KOBEルミナリエ2011が開催されました。

僕がルミナリエを実際に見られたのは
2008年、2009年の2回だけ。
昨年からは、関東に戻ってきたために
見には行けていませんでした。

↓2008年のスパッリエーラ
1_20111203221539.jpg
今年、2011年の開催については
主催者団体、実行委員間で、長期にわたり
極めて慎重な検討が行われたのだそうです。

3・11の混乱が、今も日本中に大きく影響を及ぼし続けている
この時勢の中で、ルミナリエ自体を、例年通り開催すべきか否か、
という重い議論が続けられたそうですが、KOBEルミナリエの
開催目的は何か?という所に立ち返り、開催を決断したそうです。

KOBEルミナリエは、
阪神淡路大震災犠牲者への鎮魂と
都市の復興・再生への夢と希望を託し、
震災の記憶を、後世に語り継ぐと共に、
神戸の希望を象徴する行事、として
震災が発生した1995年の12月から
開始された、慰霊のための光の祭典。

↓2009年のスパッリエーラ
2_20111203221538.jpg
その経緯を踏まえたうえで、今年、2011年のルミナリエは
神戸から、東日本大震災の被災地へ犠牲者の鎮魂の祈りと
復興支援のエールを送る行事、という新たな位置づけを得て
開催の運びとなったのだそうです。

僕自身も、震災直後、ちょっと窮屈になっていた今年4月頃まで、
神戸のルミナリエの写真や、1・17の慰霊祭の写真などを
繰り返し眺めて、ひたすら自分を勇気付けていました。

神戸はあきらめなかった。
だから立ち直ることができた。
その事実はコノ目で見てきた。

だから絶対に大丈夫なんだ、と。

僕は、今年のルミナリエを見に行けませんが。
今年もルミナリエが変わらず開催された事は、
遠くから、モノ凄く嬉しく思っていますよ。

↓神戸にありがとう、そしてまだまだ、これからも頑張ろう日本!



昨日、行って来ました。

関東からも本来の意味を忘れず
応援してくださるキーロ様に感謝します。

このイベントが末永く続く様願っています。
【2011/12/04 17:17】 URL | いっこう #-[ 編集]
Re:いっこう 様

本当は、すぐにでも出かけて行って
フロントーネに並びたい、ガレリアをくぐりたい、
スパッリエーラをグルグル回りたい、
復興くじも買わなくちゃ!

と行きたいところだったのですが、
なかなかうまくはいかないものです。

今年は被災者への鎮魂と神戸復興の象徴
という意義のほかにもうひとつ、
東北の被災地に対してエールを送るという
新たな意義が生まれました。

復活を遂げた神戸が、進んで傷ついた東北に、
エールを送ってくれているのだ、と思うと
なんだか、とっても心強い気分になります。

ルミナリエは、いろんな感慨をもって見ておりました
今後もズ-っと続いてくれる事を願っております。
【2011/12/04 21:51】 URL |  キーロ #-[ 編集]















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2019 初めての関西。, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。