FC2ブログ

再転勤で関西を去ってしまった、関東人の管理人が、それでもまだまだ出てくる「初めての関西」をこっそりとレポ-ト中。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
↓名物カレー
1_20110519225204.jpg
大阪洋食のフラッグシップモデルのひとつ、
難波自由軒の名物カレー、のレトルトを
この間近所で購入しました。が、
まだ食べてなかったので、
作ってみました。

本店推奨の作り方です。

↓鍋に投入
2_20110519225204.jpg
レトルトを鍋にあけて加熱。

↓直火で加熱
3_20110519225204.jpg
直火でぐつぐついうまで加熱したら、

↓ご飯投入
4_20110519225203.jpg
白いご飯を投入します。

↓混ぜてから更に加熱
5_20110519225203.jpg
ご飯とカレーを混ぜて、更に加熱します。

名物カレーは、その昔、ご飯の保温が出来ない時代に
お客さんに熱々のカレーライスを食べてもらいたい、
という願いから、カレーとご飯をあわせて加熱する
という独自の調理法を採用し、現在もその調理法を
受け継いで提供しているんです。
(↑本物はフライパンで調理して、煽って水分を飛ばす作業も入ります)

↓ナマ卵ON
6_20110519225203.jpg
お皿に盛ったら、熱々の状態の上にナマ卵をON!
レトルトカレーに付属していたコレを!

↓ウスターソース!
7_20110519225405.jpg
付属のウスターソースをまわしかけたら
カレー全体をナマ卵ごと手早くかき混ぜ
すべての具材を一体化させましょう。

↓いただきます。
8_20110519225404.jpg
完成。いただきます。
自由軒のカレーはナマ卵が入って
まろやかになる、という事を前提に
作られているので基本的には
強めの辛口になっています。

コレは、創業当時は高級品だった
ナマ卵をまるまる一個使う贅沢を
お客さんに提供する形が、今でも
受け継がれているのでコノ形が
スタンダ-ドになっている為です。
ナマ卵投入は基本ですからお忘れなく。

↓ごちそうさま。
9_20110519225402.jpg
レトルトとはいえ、久々の自由軒でした。
名物カレーの作り方は、当り前ではありますが
他のレトルトカレーでも可能なのでお試し下さいませ。

コレだけなんですが、
いやあ、名物カレーは
やっぱり美味いっす。

↓大阪洋食のフラッグシップモデル、「名物カレー」をぜひどうぞ!


















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2019 初めての関西。, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。