再転勤で関西を去ってしまった、関東人の管理人が、それでもまだまだ出てくる「初めての関西」をこっそりとレポ-ト中。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ココへ行ったのは2009年5月、
関西では、新型インフルエンザが
猛威を振るっていた時期の事でした

↓ 滋賀県立琵琶湖博物館
1_20120526114548.jpg
日本一の面積を誇る淡水湖である琵琶湖、
かつての都を支えてきた淀川水系の源流でもあり、
滋賀県、京都府南部、大阪府の大きな水がめで、
様々な人々の生活を支え、関西文化の礎の一部に
なってきたといっても過言ではない重要な水源です。

↓琵琶湖上空写真
2_20120526114547.jpg
琵琶湖を中心とした古代から現代までの
様々な文化、生活、産業を網羅した
興味深い展示が並ぶ博物館です。
琵琶湖の生態系を再現した水族館があり、
外へ出れば、琵琶湖を一望出来る
絶景の眺望がどかんと付いてきます。
その展示をすべて総括すると、
圧巻ですらある幅広さでした。

面白くて盛りだくさんだった博物館。
ここは、本当にお勧めなんです。
出来ればまた行ってみたい。

そのときの模様はコチラ。
     ↓

初めての関西。 ⇒ 琵琶湖博物館①~④

琵琶湖周辺も新緑の時期。
外出するには良い陽気です、
琵琶湖へ出かけるついでに
琵琶湖博物館はいかがでしょう?

↓晴れた日の琵琶湖は、気持ちがいいですよね。
スポンサーサイト
僕が関西に転勤になったその年に、
全国的に名を知られた有名な鉄橋が
解体される事になるというニュースが
流れていて、ソレは兵庫県にあるのだ
というのを、その時初めて知りました。

その有名な鉄橋というのが、
タイトルにある通、こちら。

餘部鉄橋
1_20120519205131.jpg
餘部鉄橋です。
現在は、橋梁が架け替わり
2010年から鉄筋コンクリート製の
新しい橋梁が開通しているのですが、
僕はもう、新しい橋の完成を
気軽に見に行ける距離には住んでません。
どう替わったのか気になるところですが

↓山陰本線・余部橋りょう
2_20120519205130.jpg
餘部鉄橋の風情は、やっぱり、旧橋梁ですよ。
100年間使用された鉄道遺産・餘部鉄橋。
今は写真の中で、しかも、既に工事を開始した
2008当時の姿しか拝む事が出来ませんが、
見上げる高さに電車が走っていたその光景は、
なかなか簡単には忘れる事ができません。

そのときの模様を
あらためてひとまとめ。

初めての関西。 ⇒ 餘部鉄橋①~④ 他

※一部、鉄橋以外の話題も含みます、ご容赦下さい。

僕は鉄道ファンではないのですが、
コレは、見ておいてよかった、
と今も思わせる風景です。

↓今は無き、かつての鉄道遺産の風景。いかがでしょうか?
フジテレビ系の土用プレミアム。
土用の夜の映画の時間ですが、

2週間連続で、関西映画が登場です。

前週が 「 阪急電車 」
今週は 「 プリンセス・トヨトミ 」

気付けば両方とも
劇場へ出掛けて
見たんですよ。

なんか、両方とも、見たことがある風景がたくさん。
それは、両方とも、その風景の中に自分がいたことがあり、
自分の自転車で、その風景の中を走った事があったという
割と強い思い入れもあって、劇場で観て来たた映画でした。

テレビに乗るのも早いモンですね。
地上波でOAするって事は、
やっぱり売れた映画、
だったんですね?

↓関西の映画、なんか、ええなあ。
水都大阪で、今も運行を続ける
地元密着の公共交通機関。
それが、大阪市営渡船。

渡船。つまり渡し舟です。

↓ 大阪市営渡船
1_20120505205256.jpg

0_20120505205256.jpg
河川・水路が入り組んだ大阪市の臨海部分では、
工業生産用資材の搬入などを行う大型の船舶が
常に行き交う航路を確保する必要があった為に
一般の市民が、普通に歩いて利用する事が出来る
水上高の低い橋を架けられない箇所が多くあります。

対策として、用いられたのが2種類の方法。

↓大型橋梁
2_20120505205255.jpg

3_20120505205254.jpg
ひとつは、交通量の多い場所に、
大型船の航行を妨げないような、
水上高の高い橋を架ける事。
コレは、自動車の交通には
特に問題はありませんが、
人が歩いて渡るのには
時間と体力を要するため
一般の徒歩利用者にとっては
かなり負担を強いる事になります。

そのために出来たもうひとつの方法が

↓渡し舟
4_20120505205254.jpg
人の交通の要所に、渡船を設ける事。
近代的な工業都市である大阪に、
今も現役で残っている渡し舟。
ミスマッチとも思える渡船は
実は、水都大阪の工業の動脈と
市民の生活を両立させる為に
大阪の運河に配置されている、
大阪市民の重要な交通機関
なのだと思っています。

生活の脚として、通勤、通学の道として、
そして、僕のような観光客の足としても
人を選ばずに、時間にキッチリ正確で、
しかも無料で運行する大阪市営渡船。

近代都市、水都大阪の渡し舟。
他の大都市ではちょっと見られない
コノ風景、めちゃめちゃ好きになりました。

そんなこんなで、
大阪市営渡船を
人力で乗り倒し。
その時の模様は
コチラでどうぞ
   ↓

初めての関西。 ⇒ 大阪市営渡船①~⑧、他

大阪市の渡船。
こういう足が
うらやましい。

↓乗り降り無料。運賃無料。←コレが大切(^ヮ^)b

| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2012 初めての関西。, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。