再転勤で関西を去ってしまった、関東人の管理人が、それでもまだまだ出てくる「初めての関西」をこっそりとレポ-ト中。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
お酒を飲まれない皆様。
誠に申し訳ございません。
今回は全部お酒がらみです。

古くから、日本酒造りを生業とする酒蔵で
蔵元達や杜氏達に酒造りの神様として
信仰を集めてきた神様がいます。

↓松尾大社。
1_20120128221857.jpg
その神様こそが松尾様。

酒造りの神様として祀られる松尾様は女神様で、
酒造りの現場が古来より女人禁制であったのも
酒造りの場に女がいると松尾様が嫉妬するので
美味い酒を作らせてくれなってしまうから。

そういう信仰の伝えは、しきたりとして長く残り、
昭和の終わり近くまでずーっと続いた
伝統になっていたほどです。

全国の銘酒蔵の蔵人から信仰を集める松尾様。
そういう松尾様に関する信仰や逸話を色々と
見聞きしてしていた、お酒大好きな私としては、
せっかく関西に住みながら、この松尾様を
外す事はありえません。無いです。マジで。

そんなふうな、他の人にとっては
わりとどうでもいい理念に従い
京都は嵐山近くに鎮座する
松尾大社にお参りした話。

初めての関西。 ⇒ 松尾大社 ①~③

松尾様に愛された杜氏は、
冬にゃあ家へは帰れぬうえに
かかあの前でもくたばれねえ。
みたいな杜氏詩があるんですよね。

酒を愛した女神様は、酒を醸す男達に
至高の酒を醸した賞賛をもたらすと共に、
誇りに満ちた最低の人生の終わりをもたらす。
それゆえ、神酒は神に備えられ汚れすら清める
人が造り得る至高の供物、であるのですぞ。っと。

↓日本酒が好きです。だからお酒の神様も大好きです。
スポンサーサイト
本日にわかにニュースの主役になってしまったのが、
兵庫県・神戸市と兵庫県沿岸部、そして
最も注目されたのは尼崎市。

↓尼崎市役所
a_20120118224512.jpg
僕が住んでいた尼崎市です。

過去の地層から考えられる最大の津波被害を想定した
ハザードマップがニュ-スに取りあげられました。

神戸の地下街の完全浸水も
大きな懸念として報道を
されていましたが、

もっと深刻なの問題を
提起されたのが尼崎市。
尼崎市は、海抜0m地帯が
全市の30%以上を占めています。
ハザードマップの想定によれば、
大型の津波による被害が発生した場合、
市内の60%以上が水没する危機にさらされる。

尼ロックのある沿岸部から阪神沿線を超え、
JR尼崎駅の更に北側、塚口近辺までが
浸水の危機にさらされる恐れがある
という結果が提示されています。

困惑以外の何者でもありませんが、
実際に大津波が襲った場合には、
ソレは生命損失の危機に関ります。

関西転勤時のたった2年間でしたが
初めての土地で不安な中、
思っていたよりはるかに楽しく
過ごす事ができた思い出の場所でもある
尼崎市が、全部流されるような事になるのは
僕はイヤです、絶対に。

といっても、起こった場合は
人には止められないのが自然災害。

尼崎市の行政に、兵庫県の行政に、
なんとかして尼崎が水没してしまうだけは、
もちろん兵庫県の沿岸部全部が水没するのも、
避けるだけの対応策を、なんとかして
考慮してもらいたいものです。

何とか、お願い!

↓ニュ-スを見ていて、思わずコレだけ。
コレは17年前に止まった時計。
止まった時間は、午前5時46分。
1995年1月17日未明の出来事です。

↓マリーナの像
ma.jpg
昨年は、神戸の未曾有の大震災を、規模で凌駕する大きな地震があり、
副次的な震災と構造的な人災が幾重にも重なり未だ終息を見ない、
関東東北沖地震の発生に伴う東日本大震災。東日本の3.11も
忘れてはいけない日になりつつありますが、今も苦難の日々が続く
被災地に救いの手を差し伸べる様々な対応策とノウハウの多くが、
兵庫県南部地震に伴う阪神淡路大震災発生後の回復期に、
被災地の現場で培われたものである事は
未だ忘れることは出来ません。

他にも言いたい事は山ほどあるけど、ソレは、
僕が口にしてはいけないことでもあります。

だから、今年も
あえて多くは語らず、

きょう、この日は、
忘れてはいけない日。
神戸の1月17日。
震災の犠牲者の皆様に、
心からの哀悼の意を捧げます。

↓神戸にありがとう、そして、頑張ろう東日本。
関東では、滅多に口に出来ない
大阪グルメに出会うことが出来る
そんなイベントに行ってきました。

ふるさと祭り 東京2012

日本中の有名なお祭りと
美味いモノをごっそり集めた
日本博覧会みたいなイベントです。

そんなわけで、ここで出合った
大好きな大阪グルメの逸品をご紹介。

↓ 箕面ビール
1_20120114231944.jpg
大阪・箕面市の地ビール蔵、
箕面ビールのブース。
関東ではそうそう見かけませんが、
箕面ビールは見かけたら必ず買ってます。

↓ ゆずホ和イト
2_20120114231944.jpg
期間限定、冬の逸品、地元大阪産のゆずを使って
毎年醸造されている、ゆず風味のピルスナー
「ゆずホ和イト」。美味いじゃないですか。
こういうのが近所にあるといいんですけどね。

↓ 高槻うどんギョーザ
3_20120114231944.jpg
関西在住時、テレビでは何度も見たけど、その頃は、
高槻市がうどんギョーザ売り出しにかかり始めた頃。
高槻のどのお店に行けば食べられるのかという情報が
そんなに無い時期でした。関東では幻の高槻グルメ、
うどんギョーザ、堂々の登場です。

↓焼き上がり
4_20120114231944.jpg
高槻市周辺の家庭料理のロ-カルフードとして
定着していたものですが、コレが高槻市以外では
全く存在しないことに高槻市民自身が気付いた為、
地元ロ-カルフードとして大きく認知されたのが
確か2008年頃からだった、と記憶しています。
売り手さんがやっぱり話し上手です、
大阪っぽくていいですねえ。

↓ モンシュシュ
5_20120114231944.jpg
かたや、来た新地のクラブのホステスさんたちへの
高級オミヤ(お土産)のお使い物から火が点いて、
今や押しも押されぬ大阪土産の地位を勝取った、
行列しないと買えない大阪スイーツの代名詞。
堂島ロールを世に送り出したモンシュシュ。

↓ 堂島ロール
6_20120114231944.jpg
カットロールを頂きました。
ふかふかのスポンジケーキに
コレでもか!とクリームたっぷり。
いやあ、もう満足感はばっちりです。

こんな風に、普段食べたくても食べられないものが
ふるさと祭りには、たくさん来てました。
ふるさと祭り・東京2012は、
1月15日まで
東京ドームで開催中!
(明日で終わりです)(^^;)

↓やっぱり、大阪には美味しいものがたくさんありますね。
1月10日といえば?
関西で1月10日といえば、

そりゃあもう、十日戎
それ以外は、ほぼありえないでしょう。

↓奉納まぐろ
FM.jpg
十日戎の話題は、昨年
ほぼ出し尽くしてしまったので
残念ながらネタがなくなってしまいました。

でも、何もしないよりは
マシかな?と思い、とりあえず、
昨年と同じものが並ぶ事になりますが、
ブログ内検索を列挙してみたりします。

大阪・今宮戎神社 ⇒ 三市弾丸・十日戎ラリー①
            ⇒ 今宮戎神社・本えびす  

尼崎えびす神社  ⇒ 三市弾丸・十日戎ラリー②
             ⇒ 尼崎えびす神社・残り福

西宮えびす神社  ⇒ 三市弾丸・十日戎ラリー③
             ⇒ 西宮神社・宵えびす

縁起物を授かって元気に帰っていく
年の初めのとにかく明るい初詣りの風景を、
この時期になると懐かしく思い出します。
明るく楽しいの初詣り、というのは
関東には皆無ですから、羨ましい限りです。

↓今年も十日戎がやってきた!あけましておめでとう!!
関西にいるんだから
関西ならではの事を
しなければなるまい!

初めての関西の正月にそんな衝動に動かされ
京都・大阪・神戸の関西三都で初詣をしよう、
と出かけたのは、2009年1月頭の事です。

伏見稲荷大社
1_20120107225017.jpg
京都で一番初詣の参拝客を集めるという
お稲荷さんの総本社、伏見稲荷大社を皮切りに、

↓ 住吉大社
2_20120107225017.jpg
大阪の水運と商売繁盛の神様、住吉大社、

↓ 生田神社
3_20120107225016.jpg
そして、神戸の街の始祖の社、生田神社。
という三社を弾丸移動で初詣したお話です。


上の写真は、敢えてイメ-ジが
しづらいものを選んであります。
三都、三社の初詣の様子は
コチラでご覧下さいませ。

初めての関西。 ⇒ 三都・弾丸初詣ラリー ①~③

ただ、生田神社は、後にあのカップルが
あんなことになってしまいましたが…、
神社が悪いわけじゃありませんからね。(^^;)

↓三都弾丸初詣。今はもうできません。ちょっとさみしいね。
みなさま、
あけましておめでとうございます。
風前の灯に近い関西ブログですが、
本年もよろしくお願い申し上げます。

取り急ぎ、ご挨拶のみココに。

2012年、元旦。

↓来年も良いお年を(←フライング)

| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2012 初めての関西。, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。