再転勤で関西を去ってしまった、関東人の管理人が、それでもまだまだ出てくる「初めての関西」をこっそりとレポ-ト中。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
知っている人は知っている。
尼崎の回転寿司の思い出。

↓えべっさん
0_20110531000352.jpg
このド派手なディスプレー。
巨大なえべっさんがある
下坂部の回転寿司店。

尼崎市に本拠を構える
回転寿司のチェーン店。

廻鮮寿し丸徳近松店

尼崎市在住時のわが家から
一番近い外食店がココでした。

↓外観
1_20110531000352.jpg
週末・休日には待合室に家族連れがあふれるほど
大人気の回転寿司のお店。この近松店を含め、
尼崎に3店舗を構えるチェ-ン店ですが、
どのお店も週末は大盛況の寿司屋です。
もちろん平日のランチも人気です。
(今も変わらないことでしょう)

↓こっそり撮影
2_20110531000352.jpg
お店の中は、ちょっとひねった
キャッチコピーが添えられた
新鮮なネタがてんこ盛り。
エンタメ性を発揮する
関西らしさあふれる
面白いお店でした。

↓ランチメニュー
3_20110531000351.jpg
確か、次長握り、だったような・・・、
ランチには、次長握り、課長握り、社長握り、
というどこかのお笑いさんたちのような
メニューがありました。すごいっしょ?

2年間住んでて4回くらいしか
食べた事がなかった回転寿司です。
激安ではありませんがそこそこ安いのに
季節の旬をちゃんと提供してくれる美味しい
回転寿司のお店なので、人気が出るのも頷けます。

回転寿司ですが、ふらっとでかけて旬のネタで寿司
という粋と、お値段のバランスがちょうどいい感じ、
安さだけが売りの、全国区の寿司チェ-ンには出来ない、
しっかりした旬を食べさせる間違い無い寿司屋です。

近所に無いのが、非常に惜しい!惜しすぎる!!

↓尼崎の回転寿司、丸徳へ、ぜひぜひ、ぜひどうぞ!
スポンサーサイト
わが家のカレンダーは
今、もの凄くお気に入りの
風景になっていたりするんです。

毎年会社に頂くお得意様からのカレンダーで、
ここ数年、毎年選んでもらってくるカレンダー。
日本の夜景を集めたカレンダーなんですが。
5・6月の風景が、いまコレになっています。

↓KOBEの夜景
1_20110523230130.jpg
大好きな、神戸港の夜景が2か月分。
事あるごとにコレを眺めて、
ココの向こう側と、コノあたりは、
歩いたことあるんだモンね~。と、
一人ホクホクと思い出に浸ってます。

こんなにキレイに夜景が撮れたら
もういう事無いですよね。
僕には出来ません。

日本丸と海王丸がダブルで係留されているコノ景色も、
2年前(2009年)に遊覧船の上から眺めた景色で、
なんだかとっても感慨深いものでもあります。

↓日本丸&海王丸
2_20110523230129.jpg
また眺めに行きたい風景。
また浸りに行きたい風景。
神戸の港の夜の景色です

今度は、いったい
いつ行ける事やら。

↓KOBE大好きです(大阪も京都も奈良も和歌山も大津も彦根も大好きです)(←軽っ!)
↓名物カレー
1_20110519225204.jpg
大阪洋食のフラッグシップモデルのひとつ、
難波自由軒の名物カレー、のレトルトを
この間近所で購入しました。が、
まだ食べてなかったので、
作ってみました。

本店推奨の作り方です。

↓鍋に投入
2_20110519225204.jpg
レトルトを鍋にあけて加熱。

↓直火で加熱
3_20110519225204.jpg
直火でぐつぐついうまで加熱したら、

↓ご飯投入
4_20110519225203.jpg
白いご飯を投入します。

↓混ぜてから更に加熱
5_20110519225203.jpg
ご飯とカレーを混ぜて、更に加熱します。

名物カレーは、その昔、ご飯の保温が出来ない時代に
お客さんに熱々のカレーライスを食べてもらいたい、
という願いから、カレーとご飯をあわせて加熱する
という独自の調理法を採用し、現在もその調理法を
受け継いで提供しているんです。
(↑本物はフライパンで調理して、煽って水分を飛ばす作業も入ります)

↓ナマ卵ON
6_20110519225203.jpg
お皿に盛ったら、熱々の状態の上にナマ卵をON!
レトルトカレーに付属していたコレを!

↓ウスターソース!
7_20110519225405.jpg
付属のウスターソースをまわしかけたら
カレー全体をナマ卵ごと手早くかき混ぜ
すべての具材を一体化させましょう。

↓いただきます。
8_20110519225404.jpg
完成。いただきます。
自由軒のカレーはナマ卵が入って
まろやかになる、という事を前提に
作られているので基本的には
強めの辛口になっています。

コレは、創業当時は高級品だった
ナマ卵をまるまる一個使う贅沢を
お客さんに提供する形が、今でも
受け継がれているのでコノ形が
スタンダ-ドになっている為です。
ナマ卵投入は基本ですからお忘れなく。

↓ごちそうさま。
9_20110519225402.jpg
レトルトとはいえ、久々の自由軒でした。
名物カレーの作り方は、当り前ではありますが
他のレトルトカレーでも可能なのでお試し下さいませ。

コレだけなんですが、
いやあ、名物カレーは
やっぱり美味いっす。

↓大阪洋食のフラッグシップモデル、「名物カレー」をぜひどうぞ!
↓ 〇I〇Iファミリー
1_20110508201413.jpg
現在住んでいる神奈川県海老名市の
海老名駅直結の複合商業施設、
ViNAWALKに

関西うまいものがやってきました。
(〇I食遊館・海老名:関西うまいものフェア:5/4~5/11)

↓関西のうまいもん
2_20110508233323.jpg
出かけたついでに偶然発見フェアの告知を発見。
コレはぜひとも見に行かねばなりますまい!
って訳で、神奈川県で関西の美味いもん!

↓ 難波・自由軒
4_20110508201328.jpg
大阪洋食のフラッグシップモデルのひとつ。
「名物カレー」で有名な、難波・自由軒。

↓買うたった。
5_20110508201328.jpg
レトルトカレーとカレーソースを購入。
神奈川県のわが家で、大阪の自由軒のカレー。
自由軒ファンにとっては夢みたいなお話ですよ。

↓串カツ
7_20110508201328.jpg
久々に串カツ、この細かいパン粉と
具材の多さが本場の串カツです。

↓ 野田・もめん
8_20110508201643.jpg
大阪市の野田のお店。確か、
大阪中央卸市場の中にあるお店です。

野田は、ではなく
 という発音ですよね。

↓串カツ!
9_20110508201643.jpg
右から順番に、ハムカツ、あさり、牛肉、
そして、外せない本場の紅しょうが。
やっぱ串カツは美味いっす。

↓ 一銭屋
10_20110508201643.jpg
一銭洋食とイカ焼きの一銭屋。

↓一銭焼きとイカ焼き
11_20110508201642.jpg
一銭屋の一銭焼きとイカ焼き(デラバン)です。
なんかもう、夢中で食べちゃいました。

↓ 冷やしあめ
6_20110508201642.jpg
あるところにはあるもんです。
ビナウォークの日曜日向けの
ドリンク販売ブースで
冷やしあめ発見。

なんだか大阪気分の
関西グルメ満喫な
美味いもんフェアの
ショッピングでした。

余談ですが、今日の気分は
モロに関西気分やったんで、
夕方から映画館へ直行して。
「 阪急電車 」見て来ました。

阪急今津線の光景てんこ盛り、
なっつかしぃな~、みたいな感じ。 (笑)

↓関西の美味いもん、また来てくれるとうれしいです。

| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2011 初めての関西。, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。