再転勤で関西を去ってしまった、関東人の管理人が、それでもまだまだ出てくる「初めての関西」をこっそりとレポ-ト中。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
↓部屋を出て行く日の朝の尼崎の部屋
1_20101231224802.jpg
関西を離れてもう半年経ちました。

関西転勤族の関西ぶらぶらブログは
関東に住んでる、元関西転勤族による
関西を思い出すブログになっちゃいました。

ネタを見つけるたびに、
何とか更新を続けています。
そろそろ潮時なのかな?
などとも思いますが、

関西で過ごした2年ちょっとは、
いまでも自信を持って

「面白かった」

と言えてしまうので、
ソレを思いだすことは
なかなかやめられません。

ほぼ週1回の更新に落ち着いてしまいましたが、
それでももう少し続けてみよう、と思っています。
いつネタが尽きるかわからないような状態ですが
覗いていただければ幸いに思います。

そんな一年の終わりです。

あらためて、
皆様、
こころを緩めて、
良いお年をお迎え下さい。

↓今年も1年、お疲れ様でした。
スポンサーサイト
醸造に使用する葡萄を自社農園で栽培している
大阪府下唯一でもあるこだわりのワイナリー。
大阪市柏原市のカタシモ(堅下)ワイナリー

↓限定販売品
6_20101225221523.jpg
大阪唯一のワイナリーが
完全限定生産、販売店限定で
少数生産するこだわりのワインが
この大阪ヴァン・ルージュ。

↓大阪 ヴァン・ルージュ
1_20101231012726.jpg
今年も伊丹空港で売っているのを発見しましたが、
これは、昨年の暮に伊丹空港に出かけた時、
尼崎市在住の時に購入してあったもの。

↓開けました。
2_20101231012725.jpg
これはこれで、思い出の品。
関西を離れてしまった今年も
そろそろ終わりです、なので、
思い切って開けてみました。

関西を離れる、という大きな変化があった
いろいろな思い出がぐるぐるめぐる年の瀬です。

来年はいいことがあるといいですね。

皆様も、こころを緩めて
良いお年をお迎え下さい。

↓僕は大晦日から三ヶ日まで仕事で出勤です。お疲れ様です。
↓アヒルちゃん
17_20101223235131.jpg
アヒルちゃんに会いに大阪に行った
そのついでの、大阪どっぷり紀行、
今回はもう完全な番外編です。

↓宮本むなし
0_20101225215935.jpg
半年振りに出かけた関西で
半年振りに入った宮本むなし、
半年振りのご飯おかわり自由です。
もう、満腹とはこういうことですよ。

↓梅田駅からコレで。
01_20101225215935.jpg
満腹のご飯が済んで、
名残惜しい風景を後に
阪急梅田駅から出発です。

↓蛍池駅からコレで。
012.jpg
蛍池駅からこれで移動。
本当は散財を避けたいんですが、
実はココから帰ったことがありません。

↓大阪国際空港(伊丹空港)
1_20101225215935.jpg
奮発して飛行機で帰ろう!そう思ったのは、
伊丹は住む所を決める為、初めて尼崎に来た
その時に、一度しか使った事がなかったので。

↓空港全図
1-2_20101225215934.jpg
僕が住んでた尼崎市は空港がある伊丹市の
隣にあったので、伊丹空港にはちょっとだけ
親近感やら思い入れみたいなのがありました。
そんなわけで、一度くらい自分の金で、
伊丹から飛行機に乗ってやろう。
などと思ってしまいまして。

ついでに、伊丹空港のこれも、
久々に体験ちゃおうかな、などと。

↓空港銘酒蔵
2_20101225215934.jpg
みやげ物用の酒屋さんなんですが、
近畿2府4県の地酒の銘酒を集めてあり
有料の試飲コーナーが用意されています。
昨年も年末の忙しい時期に、コレ目当てで
飛行機に乗らないのに伊丹空港へ行きました。

詳細はコチラ ⇒ 空港銘酒蔵

これがまた相変わらずなかなかのラインナップ。
(またな飲んでます、真昼間から。)

↓白雪クラシック
3_20101225215934.jpg
清酒発祥の地でもある、
地元伊丹市の小西酒造の銘酒「白雪」。
実際に醸造所直営のレストランで
飲んだことがある白雪の高級純米酒です。
尼崎在住中は、一番近くに在った酒造蔵。
思い入れ強いんですよ。

詳細はコチラ ⇒ 伊丹の酒

↓春鹿封印酒
5_20101225221630.jpg
今西清兵衛商店の「春鹿」
その純米吟醸・封印酒。高級品です。
こちらの春鹿も、酒造蔵まで出かけて、
試飲を体験した事がある奈良の酒造蔵です。

詳細はコチラ ⇒ 奈良町でぶらぶら④

このほかにも、美味しいお酒がたくさんあるので
ビジネスにとらわれない帰郷の折の利用には
美味しいお酒をちょこっとずついろいろ飲んで
気分を豊かにして帰りましょうよ。

↓大阪ヴァン・ルージュ
6_20101225221523.jpg
使用する葡萄自体を、自社の農園で栽培して使用、
こだわりの逸品を醸し出す、大阪府下唯一のワイナリー、
カタシモ(堅下)ワイナリー謹製の完全限定生産品、
大阪ヴァン・ルージュが今年も販売中。なんかコレ、
ココでしか売ってないらしいんです。検索がヒットしません。
もう既に、残りの数は少ないのかもしれません。
こういう「通」な大阪土産もいかがでしょうか?

恒例ですが、お酒をなまれない皆様、
たいへん申し訳ありませんでした。


アヒルちゃんに会いに行ってきたお話は、以上で、終了です。
またしばらくの間は、更新が滞ることになりそうですが、
お付き合いありがとうございました。

↓大阪の空港は、やっぱり伊丹の方が便がいいですよね。
アヒルちゃんに会いに来ました。
今度こそアヒルちゃんにご対面です・

↓夕暮れのアヒルちゃん
1_20101223234726.jpg
今回のアヒルちゃんは、古巣の八軒屋浜を離れ、
中之島の北西岸、リ-ガロイヤルホテルの北側、
中之島バンクスに羽根を休めているのです。

↓アヒルちゃん
2_20101223234725.jpg
久々に見る事ができました。
・・・やっぱりかわいいです。

↓ひとだかり
3_20101223234725.jpg
見て下さい。この大人気。

↓ラバーダック
4_20101223234725.jpg
このアヒルちゃんの存在意義は、
もう何度もご紹介していますが。
ココで簡単にもう一度ご紹介。

Rubber Duck Project
6_20101223234725.jpg
ゴムのアヒルは国境に関係なく川の流れを下って海へ出る。
国境を作ったのは人間。だから国境をなくす事が出来るのも人間。
ゴムのアヒルには簡単に出来る事が、人間に出来ないはずは無いよね。

と、これはそういうメッセージを体現する巨大なア-ト作品です。
大きさ:高さ9.5m・ 幅9.5m・長さ11mという大作です。
作者は、オランダ人ア-ティスト フロレンティン・ホフマン

↓水辺とアヒルちゃん
7_20101223234724.jpg
2007年からオランダ、フランス、ブラジルなど
世界中を回って公開活動を行ってきた作品なのですが、
大阪での人気は、僕みたいなアヒルちゃんファンが大変多く
公開回数がいちばん多いそうで、待ち望む方も多いのでしょう、
光のルネサンスの季節とともに大阪にやってくる渡り鳥になっています。

ずーっといってますが、このまま大阪名物になってくれればいいのに。

↓堂島大橋
8_20101223234934.jpg
ここらでちょっと趣向を変えて、
アヒルちゃんの背中を眺めに行こうと
西にある堂島大橋を渡って対岸へ行って観ます。

↓遠くの背中
9_20101223234933.jpg
橋の上から眺めたアヒルちゃん。
八軒屋浜の時とはまたちょっと違う
夜景に溶け込む背中がちょっといいですよ。

↓ビッグツリーとラバーダック
10_20101223234933.jpg
リ-ガロイヤルホテルの巨大イルミネ-ション。
壁面全体を使った巨大なクリスマスツリーと
大きなアヒルちゃんの小さな背中の画。

↓なんだかきれい
11_20101223234933.jpg
光るツリーを見上げてうきうきしてる
小さい子供ような感じが、しませんか?

↓和みのクリスマス
12_20101223234933.jpg
世界を癒す和みのアヒルちゃん&平和と奇跡の象徴クリスマスツリー。
あまり平和でない世の中に、意図したとしても、これだけ平和な風景を
作り出せるというのは、これはもうアヒルちゃんのパワーですよね。

↓アヒルちゃん
13_20101223234932.jpg
なんだか平和な気分が味わえました。
アヒルちゃんは心に効きます。うん。
(↑あくまで個人的な納得です)

↓ラバ-ダックストラップ
14_20101223235132.jpg
買っちゃった。グッズショップのキャラバンで購入。
これでいつでもアヒルちゃんを携帯可能。
でももったいなくて開けられない。

・・・そういえば、ARアヒルちゃんには、結局出会えませんでした。



ココまでどっぷりアヒルちゃん三昧。
なんだかものすごく名残惜しいです。

↓翌朝のアヒルちゃん
15_20101223235131.jpg
で、結局一泊してしまいました。

↓アヒルちゃんを携帯
16_20101223235131.jpg
全然使いこなせていないスマフォンの待ちうけが
朝っぱらからめでたくアヒルちゃんになりました。
これでいつでもアヒルちゃんといっしょですよ。

↓最後のアヒルちゃん
17_20101223235131.jpg
アヒルちゃんに会いに行った話しはこれでおしまい。
最後はおふざけ無しで、ほぼすべてを
アヒルちゃんでお送りしました。
次はいつ会えるのかな?
また会いたいですね。

アヒルちゃんの公開は、
2010年12月25日まで。
どうぞお見逃しの無いように!!

↓世界を和ませる幸せなアヒルちゃんに、盛大な拍手を!


↓盛大なオマケつき。

>> Read More
アヒルちゃんに合うために
わざわざ大阪に出かけたのに、
梅田に着いたとたん食い倒れたり、
間違ってジンベエザメに会いに行ったりと、
関西在住中と変わらない行き当たりばったりで、
未だアヒルちゃんの所までたどり着いていないじゃんか、
という、アヒルちゃんに会いに行く旅の模様を引っ張ってます。

光のルネサンス
1_20101223211935.jpg
大阪港駅から地下鉄を乗り継ぎ、
御堂筋線淀屋橋駅で下車すると、
光のルネッサンスのメイン会場。

   ルネッサ~ンス。はっはっはっは。
   て、ちょっと古いやないか~い。  (チーン)
   (まだまだがんばってますよ、ね?ヴァンプ様?)(←謎)

大阪市役所・本庁舎
2_20101223211934.jpg
中之島にある大阪市役所。この脇の、
みおつくしプロムナ-ド」から
観覧順路が始まります。

↓カボチャの馬車
3_20101223211934.jpg
市役所エントランスには
こんなイルミネ-ションが。
豪勢に光り輝きそうですね。
って、いかん、そろそろ本当に
アヒルちゃんに会いに行かなきゃ

↓中之島北岸を移動
5_20101223212200.jpg
中之島北岸は、京阪中之島線の開通にあわせた整備事業で
2008年までの間に大きく整備され綺麗になりました。
が、中之島は、僕には自転車で行ける場所だったので、
路線自体は一度も利用したことがありませんでした。
なんとなくもったいない事をした、と思いつつも、
今回も歩いて移動。健脚健在。うう。

なにわ探検クルーズ
7_20101223211934.jpg
淀川から中之島を回り、大阪城を見ながら
運河を回り、道頓堀までを周遊しながら
落語家さんが大阪のウンチクとともに
観光ガイドをしてくれる観光船。
乗りたかったのに一度も
乗れなかった船です。
いいな~。

大阪朝日放送(ABC)
6_20101223211934.jpg
ほたるまちにそびえる大阪のテレビ局。
ナイト in ナイト」の帯枠が見られなくなった事が
関西を離れてしまった事の最大の損失です。  (←そこがか???)

↓玉江橋南詰
8_20101223212200.jpg
水都大阪2009から、中之島の東向こうの
八軒屋浜で公開され続けていたたアヒルちゃん。
今年の公開場所はガラッと変わり、中之島西端近く。
わかりますか?もうアヒルちゃんが見えてるんですよ。

↓イルミネーション
10_20101223212159.jpg
リーガロイヤルホテル大阪のイルミネーションが
展示場所の目の前にででんと広がってます。

↓ラバーダックキャラバン
11_20101223212159.jpg
日暮れとともにやってくるアヒルちゃんのグッズ販売車。
わあ、もう来てる、ええっ?もう日暮れ?なんで?
(↑寄り道ばっかりしてるからだろ)

そんなこんなで、
漸くたどり着きました。
世界を旅する和みの渡り鳥。
幸せな黄色いアヒルちゃんです。

↓アヒルちゃん
12_20101223212216.jpg




・・・え?これだけ???

はい、すんません!以下次回!!

↓世界を和ませる幸せなアヒルちゃんは、本格的に次回お届け。
水都大阪2010開催中の大阪中之島に
世界を旅して和ませる、巨大な黄色い渡り鳥。
ラバ-ダックプロジェクトのアヒルちゃんが
帰ってきました。なので、見に行かなくちゃ!!!
と、朝っぱらから新幹線で、一路大阪へ発進。

したものの、久々の梅田でいきなりくいだおれ。
今回は、ちゃんと目的を果たすべく、
アヒルちゃんをめざして移動を開始。

↓天保山マーケットプレイス
1_20101222224657.jpg
・・・してないじゃん。

はい、してません。(^ヮ^:)ヾ

というわけで、やってきました、天保山。
アヒルちゃんはライトアップもされているので、
あんまり早く行くと、時間が余っちゃうんですね。

↓天保山のクリスマスツリー
2_20101222224656.jpg
マ-ケットプレイスのエントランスには
3階ぶち抜きの豪華なツリーが据えられて、
クリスマスの雰囲気全開でお出迎えです。

↓なにわ食いしんぼ横丁
3_20101222224656.jpg
マーケットプレイスの
名物のひとつがコレ。
つい寄っちゃいます。

↓これぞなにわの食文化
4_20101222224656.jpg
大阪発祥の店、元祖の店、大阪の有名店などが、
テナントとしてごっそり入っている
ナニワ庶民派グルメの大型フードコンプレックス。

観光客が「大阪の味」に触れるには
これ以上無い楽しいアトラクション。

↓ナンバ自由軒
5_20101222224656.jpg
大阪の名物カレーの元祖
灘波自由軒の数少ない支店。
ココで食べられるのが、コレ。

↓名物カレー
6_20101222224655.jpg
名物カレーを知らない方には、このカレーは衝撃的です。
僕は、その成り立ちの真心に心打たれてファンになりました。
シウマイ弁当と串カツと生ビ-ルとイカ焼き食べて
ミックスジュース飲んだ後でしたが、思わず食べちゃいました。
関東ではそうそう食べらんないですからね。

名物カレーの過去記事はコチラ ⇒ ナンバでぶらぶら。

↓ジンベエパンソフト。 
7_20101222224916.jpg
前回来た時に初めて見たけど、そのときは
食べられなかったかわいい「ジンベエソフト」。
これが食べてみたくて心残りでした。

ジンベエザメ型の揚げパンにソフトクリ-ムが乗ってます。
パンがちょっと熱いんです。美味しい、かわいい、面白い。
エンタ-テインメントが基本の大阪の食べ物はさすがです。

・・・っていうか、どんだけ食うねん。

↓クリスマスの海遊館
9_20101222224916.jpg
海遊館も既にクリスマス気分全開。
毎年恒例のイルミネ-ションも展開中。

↓海遊館あと一月分
8_20101222224916.jpg
関西在住時に、海遊館の年間パスを取得したんですが、
その期限があと一月で切れてしまうことになりました。
パスが切れるまでに、もう一度くらい行ってみたい。
というのも、無理やり海遊館にやって来た理由です。

↓キイロハギ
10_20101222224915.jpg
入口のトンネル水槽のマイヨジョーヌ。
キイロハギは、プロフィールにも使ってる
キーロい熱帯魚、どこの水族館にも居ます。

↓Wジンベエザメ
[広告] VPS
やあ、久しぶり。また来たぜ!
やっぱり海遊館はジンベエザメですね。

↓ダブルでスタンダップ
12_20101222224915.jpg
海遊館では、毎日10:30と15:30の2回、
フィーディングタイム(エサやりの時間)があり、
水面から与えられるエサを立ち泳ぎで丸呑みにする
ジンベエザメの、迫力のある風景が見られます。

↓スタンダップ
[広告] VPS
けっこう凄いでしょ?

そのほかにも、

↓マンタ
[広告] VPS
イトマキエイの水槽展示は
海遊館が世界初なんです。

↓マンボウ
[広告] VPS
マンボウを展示する水族館は数あれど、
これだけ自然に近い状態で泳ぐマンボウが
見られるのは、おそらく海遊館だけでしょう。

↓カクレクマノミ
13_20101222225149.jpg
カクレクマノミは笑いにうるさいんだ!(お約束)

↓ジンベエザメ
14_20101222225148.jpg
このジンベエザメだらけの
グッズショップの光景は、
やっぱり海遊館らしいですよね。

↓海遊館
15_20101222225148.jpg
最後の年間パス使用で
海遊館を満喫してきました。
海遊館はやっぱり迫力が違いますね。






・・・って、こらぁ!、アヒルちゃんはどこいった!?

ええっと、すみません、以下次回!!

↓世界を和ませる幸せなアヒルちゃんは、いよいよ次回から。


↓おまけがあります。
>> Read More
2010年12月19日(日)
年末の忙しい時期にも関わらず
公休消化のための2連休が到来。

↓シウマイ弁当
1_20101221220041.jpg
大阪では、光のルネッサンス2010の開催にともない、
あのアヒルちゃんが大好評復活中。
前回、前々回の一般公開を見逃し、地団駄を踏んだので、
これは、猛烈に見に行かなくちゃ!!!と決意、朝から電車を乗り継ぎ
新横浜で買ったシウマイ弁当をむさぼりつつ、新幹線でいざ大阪へ。

最初のアヒルちゃんの過去記事はコチラ  あひるちゃん現る
ついでに、シウマイ弁当についてはコチラ  海老名と厚木と神奈川県

↓大阪・尼崎・三宮/宝塚、方面
2_20101221220040.jpg
新大阪から在来線に乗り換えて移動。

↓JR大阪駅
3_20101221220040.jpg
大阪駅です。
半年振りの大阪です。
大阪駅はもう大屋根の設置が
ほぼ終わっておりました。
でかいのが出来てますね。

大阪駅工事中の過去記事はコチラ ⇒ ぶらぶら大阪駅③

↓串カツ 松葉
4_20101221220040.jpg
ついさっき遅い朝食でシウマイ弁当を食べたばかりですが、
せっかく来た大阪駅なんだから、ココへ寄らなきゃね。
ということで、梅田の地下街にある立ち飲みの串カツ屋
「松葉」で、関東には無い関西の(大阪の)食文化、
立ち飲みの串カツ屋で、真昼間から軽く生ビールで串カツです。
(↑なんかいきなりダメなおっさん炸裂ですね。)

「松葉」の過去記事はコチラ ⇒ 串カツ 松葉

↓行列
5_20101221220040.jpg
大阪人が嫌いな行列です。
嫌いなはずのに必ず行列ができる
梅田の阪神デパートの地下にある
阪神スナックパークの名物でもある
「イカ焼き」を買い求めるお客さんの行列です。

↓イカ焼き
6_20101221220039.jpg
関西在住中は、何とかココを記事に出来ないものか?
と思っていたんですが、店内は写真撮影全面禁止なので、
諦めておりました、が、あ店の中を撮らなきゃ問題ないじゃんか、
という事に、今になって気付きました。(←頭わるいんですね)

↓お品書き
7_20101221220119.jpg
イカ焼きは、関西の方に説明するのは釈迦に説法なんですが、
それ以外の地方の方には、イカの丸焼きと勘違いされるので、
一応説明、イカ焼きは、お好み焼きの生地に切りイカを混ぜて
圧力のかかる専用の焼成機を用い、短時間で一気に焼き上げる
ボリュ-ムあるお手軽こなもんおやつ、という位置にあるもの。
大阪の庶民派グルメの代表格のひとつとして親しまれています。
(↑・・・この説明、間違ってないですよね?)

イカ焼きの過去記事はコチラ ⇒ 食博でくいだおれ①

↓デラバン
8_20101221220119.jpg
イカ焼きにたまごが入った「デラックス版」がコチラ。
デラバンのこの更なるボリュ-ムが大好きなんですよ。

↓イカ焼きトレー
9_20101221220119.jpg
知らなかった、いつからこんな
面白いトレ-に乗るようになったんだろう?
最初に食べたときは確か真四角の発泡トレーだったのに。
コレ面白いな~、いいな~、持って帰りたいな~、
という衝動に駆られましたが、無念。荷物にすると
確実にカバンの中がソ-スまみれになったうえで
原型を残すことなく粉砕されることにになるので
やむなく破棄。写真で思い出にのこします。

で、このスナックパークの階段を
階下へ下るともうひとつ名物が・・・。

↓ジューススタンド
10_20101221220119.jpg
大阪一ミックスジュースが売れる、
大阪以外ではそれほどメジャ-ではない
大阪の味、ミックスジュースが大阪一売れる、
つまり、日本一ミックスジュースが売れる
阪神電車梅田駅のジュ-ススタンドです。

↓ミックスジュース
11_20101221220118.jpg
当然飲むでしょ!やっぱり飲まなきゃ!!
ミックスジュース!!!いやあ、久しぶり!!!
もうこのジュ-スの美味いこと美味いこと!!! 

ああ満足。(^^)

ミックスジュースの過去記事はコチラ ⇒ ナニワのミックスジュース







・・・って、おい、アヒルちゃんはどこ行った???

ええと、以下次回!

↓世界を和ませる幸せなアヒルちゃんは、次回から。
この時期になると
思い出すこの風景。

↓鳥
1_20101217222541.jpg
阪神尼崎駅近辺の庄下川沿いの海鳥達がいる風景。
遊歩道の手すりやら水道管やら、もうそこいら中に
わらわらと海鳥達が羽を休める名物みたいな風景です。
年末近くの夕暮れになると、鳥達が集まってきます。

↓ズラっと
2_20101217222541.jpg
最初見た時は、なんだか
どこかの映画みたいな風景だと思い、
ちょっとだけゾっとしたもんでしたが、
この風がやってくると、年末な気分に
なったりしてました。

ひょっとすると、海鳥たちは
いつもココにいたのかもしれませんが
個人的に、この風景を初めて見たのが
関西最初の年末で、最後に見たのが
関西最後の年末だったので、

この風景は、年末のもの
になってしまっています。

↓夕暮れのアルカイック
3_20101217222541.jpg
行く気になれば当時の自宅から
自転車で15分くらいで行けた
尼崎でいちばん元気な街でした。
今は行くとすると、自宅から
最低でも4時間以上かかります。

・・・遠いな。

↓なんだか回顧ネタ尽くし。それでもまだなんとかブログは続きます。
近頃、関西モノネタが無いなあ、
と思って、過去の写真を
眺めていたのですが。

ありました。ちょっとビックリする
いまはもう見られない景色の写真が。

大阪タワー
1_20101212001305.jpg
大阪市福島にあった大阪朝日放送の電波搭。
尼崎からJRに乗って大阪へ行く時は
スカイビルの向こうに建つタワ-が見えていて、
これも大阪らしい景色と思っていたものが、
ABCの社屋移転により取り壊しになりました。
気がつくとあっという間にその姿が消えていて、
二度と見ることが出来ない景色になりました。

↓タワー
2_20101212001304.jpg
社屋が移転する、というその時期に、
確か「ごきげんブランニュー」か何かで、
移転後の撤収作業中の
旧社屋を使って遊び倒す、
みたいな企画があり、
そのとき初めてタワーが壊される
ということを知ったので、
壊れる前に近くで見ようと
梅田から歩いて旧ABCまで
出かけていった時の景色です。

この景色はありありと思い出せるのに
今はもう存在しないんですよね。

ちょっとだけ、出かけておいて
よかったな、と思い出しました。

↓大阪タワーがあった風景に、拍手。
「神戸ルミナリエ」は、兵庫県南部地震に伴う
阪神・淡路大震災犠牲者の鎮魂の意を込めると共に、
震災で傷ついた神戸の復興と再生への夢と希望を託し、
大震災のあった1995年12月に初めて開催され、
神戸の街と市民に感動と勇気、希望を与えました。

↓2008年のスパッリエーラ
2008.jpg
僕が初めてルミナリエの実物を見たのは2008年12月の事。
決して手放しで喜べるような晴れやかなお祭りではありませんが
厳かな追悼と鎮魂の空気の中に、苦難の道を辿り復興を成し遂げた
神戸の誇りのようなものが存在するそんなイベントに思えました。

↓2009年のスパッリエーラ
2009.jpg
震災が起こってから15年、
僕がルミナリエを見た時の神戸からは
既に震災の爪跡が払拭されていましたが
復興に至るまでの苦難は壮絶なモノだった、
というのは、想像に難くない事実です。

今年は、ココへ出かけていくことが
出来なくなってしまいましたが、
コノ光景を忘れることは
多分出来ません。

今年も「神戸ルミナリエ」開催のニュースが届きました。
これは忘れてはいけないこと、になった気がしています。

↓KOBE ルミナリエ 2010
KOBEルミナリエ2010
直通できなかったら
コチラをクリック。  ⇒  KOBE ルミナリエ 2010


↓鎮魂と追悼の 「KOBE ルミナリエ」へ、ぜひ一度、お出かけ下さい。 

| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2010 初めての関西。, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。