再転勤で関西を去ってしまった、関東人の管理人が、それでもまだまだ出てくる「初めての関西」をこっそりとレポ-ト中。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
もう11月も終わり。
紅葉の季節も終わりに
近づきつつありますね。
紅葉が終わり近くなると
やっぱり思い出すのは
名所が粒揃いだった
関西の紅葉です。

東福寺・通天紅葉
0_20101129215933.jpg
(過去画像・2008年11月)

京都の紅葉は綺麗でした、それは忘れていません。
名所が密集していて、一人鉄腕ダッシュ状態で
密度高く紅葉見物をしてきた事は今も宝物です。
出来れば毎年でも行きたい京都の紅葉。
いいですよね。

夙川公園・桜並木
1_20101129220236.jpg
(過去画像・2009年11月)

阪急電車で4つ先の駅まで行けば
こんなに見事な紅葉がありました。
もちろん春には盛大に桜が咲きます。
兵庫県の北部には、もっと凄い紅葉の名所が
あったんですが、結局行けませんでした。
また行く機会はあるんだろうか・・・。

御堂筋・イチョウ並木
2_20101129215933.jpg
(過去画像・2009年11月)

大阪の黄葉の一番の見所。
御堂筋の銀杏並木には
度肝を抜かれました。
自転車で出かけて行って
端から端まで堪能しました
黄色い銀杏の森の様な並木道が、
大阪を代表する通りのひとつですから。
ものすごいスケールのソコへ自転車で行けた
というのが夢の様でした。今はもう出来ませんから。


関西の紅葉は綺麗で、
すごく交通の便が良くて
出かけやすくて見応えがあって
もう、これ以上無い贅沢でしたね。

↓もうすぐ紅葉も終わりです。あっという間に年の瀬が来るよ。
スポンサーサイト
牛スジ(牛のアキレス腱)と
刻みこんにゃくを甘辛く煮込んだ
いわゆる「スジこん」のことが、
長田区を中心とした神戸市で
ぼっかけ、と呼ばれます。

神戸の郷土食として揺ぎ無い地位を占め、
あらゆる関西グルメに乗っかって
長田のぼっかけメニューへと
変換を行うツワモノです。

↓小田原ラスカ
1_20101125104458.jpg
神奈川県西部の地方都市
温泉リゾ-ト「箱根」への
玄関口として有名なこの
小田原駅の駅ビルで、
久しぶりにぼっかけ
と再開しました。

小田原麺屋通り
2_20101125104458.jpg
㈱トリドールが展開する自家製麺が売りの
チェ-ン店舗を一同に集めて構成された
コンプレックス形式のフ-ドコ-ト。

長田本庄軒
3_20101125104458.jpg
関東・関西・中部・九州で15店舗を展開する
ぼっかけ焼きそば専門店がコノお店。
地域限定のぼっかけメニューで
広範囲に店舗展開する
チェーン店。

それはともかく、ぼっかけ焼きそばが
割と近所(そう近所でもないけど)で
食べられる事がわかった、その事実が、
ちょっとうれしくなりました。

↓ぼっかけとろ玉焼きそば
4_20101125104458.jpg
やっぱり美味しい!
ねっとりした牛スジと
歯ごたえの違うこんにゃく、
ソ-スに混ざった甘辛のタレが
焼きそばの味自体をぼっかけ味に
変えています、とろ玉と絡むとまた
これがもう、たまらん美味しさですよ。

久々のぼっかけ焼きそば。
堪能させていただきました。
長田本庄軒、海老名にも出来ないかな?

↓ぼっかけメニュー。個人的には大好物です。
関西を離れてから、もう5ヶ月経ちます。
離れた先が、生まれ育った神奈川県なので
元に戻っただけだから特に不満はないはず、
なんですが、やはり、関西を離れて
これだけは遠くなっちゃったな~、
と思うのが「串カツ」です。

関東では「串揚げ」と呼ばれて売られるコレは
串を打って揚げた所は全く変わりませんが、
スーパーでバイキング形式で販売する
おかずでしかありません。

もしくは、
時々トンカツ屋で出しているお店がある
関西風の高級フライ盛り合わせですが
必ずお店推奨のソースがかかってます。

焼き鳥屋みたいな感覚でふらっと寄って
ビール片手に、出来立て・揚げたてを
ウスターソ-スにジャブっと浸けて
ハフハフいいながら、野菜とか
魚介類とか肉とかのフライを
モリモリ食べていくという
外食スタイル自体皆無
とっていいものです。

ないとなったら
食べたくなるのが
食いしん坊の心情です。

串揚げ、なら
近所で見つけたので
ひさびさにやってみました。

↓ちゃうねん!
1_20101117223329.jpg
串揚げちゃうねん!串カツやねん!!
逆に、串カツでええんちゃうん??!!

↑ね?関東では「串揚げ」でしょ?

↓買ってきました
2_20101117222839.jpg
スーパーで買って我家へ帰宅。
具のひとつひとつは割と凝っていますが
関西とは決定的に違う事がお分かりでしょう?

牛カツが無いんですよ。
関西で、「肉」と言えばまず牛肉、
串カツといえばまず牛カツ、ですよね。
これが「関西の串カツ」と「関東の串揚げ」
のいちばん大き違いでもあります。
この串カツ(串揚げ)のバイキング販売が
関西のスーパーに無い訳ではないのですが、
関西では当り前に牛カツがあるんですものね。


…なんでまたこんなイヤイヤながらみたいでも
串揚げを食べてみようと思ったかと言うと、
それは、コイツを手に入れたから。

↓串カツソース
3_20101117222839.jpg
尼崎在住の時は、
どこでも売っていたのを
散散見かけていた
大黒の串カツソ-ス

使ったことは無かったけど
いつか使ってみようと思ったまま
転勤してしまい、二度と手に入らないものに
なってしまった、と思っていたメイドイン大阪の
で本格ソースなんですが、本厚木のスーパーでコレを
売ってるの発見。尼崎でブルドックソースを発見した時のように
即買いのうえ、串カツ(串揚げでしたが)チャレンジを思い立ちました。

↓ジャブ浸け用容器準備
4_20101117222838.jpg
一人用なので、
ワンカップの空き容器で
ジャブ浸け用ソ-スを用意。
甘くて辛くて美味しいソ-スで
久々の串カツ(串揚げでしたが)
を堪能しちゃったりしました。

↓山椒の塩
5_20101117222838.jpg
忘れちゃいけない串カツ用の塩。粉山椒と焼き塩をあわせて
ミルミキサ-で回して粉末状にした塩です
魚介類の串カツには「山椒の塩」という
セオリ-をちょっと手間かけて再現。
やっぱりコレが無いと物足りませんよね。



ああ、ふらりと寄って、ビール一杯と
本場の串カツが当り前に食べられる
そんな生活は遠くなっちゃったな~。

↓関西の串カツは、メチャメチャ美味かったっす。
紅葉シーズンが間近に迫っています。
関東南部でも、11月第3週目には
紅葉がピークとの事。

↓もみじ
1_20101111224804.jpg

関西でも山間部には、
既に見頃を迎えた場所もあるそうで、
秋の風景を眺めに向かう人々で
ごった返す紅葉の名所の光景が
なんとなく思い出されます。

関西の紅葉は、もう、それこそ
何でソコまでして出かけんの?
というほど出かけたものです。

残念ながら今年は、錦秋真っ只中の
関西の紅葉を眺めに行く事は出来ず。

特に、京都の紅葉を家から1時間で
眺めに行けた環境から離れたのは、
とっても惜しく感じています。

こんなに紅葉見ました。
という過去ログなどなどを
よろしかったらご覧下さい。
今年の紅葉見物の
参考になったり
するかも知れませんよ。
(↑しないとも思いますけど)


紅葉見物の過去ログ(主に2008年版)

→「六甲山・紅葉①」「六甲山・紅葉②」「六甲山・紅葉③
→「大阪で紅葉見物①」「大阪で紅葉見物②」「大阪で紅葉見物③」「大阪で紅葉見物④
→「神戸で紅葉見物①」「神戸で紅葉見物②」「神戸で紅葉見物③」「神戸で紅葉見物④
→「京都で紅葉見物①」「京都で紅葉見物②」「京都で紅葉見物③」「京都で紅葉見物④
 「京都で紅葉見物⑤」「京都で紅葉見物⑥」「京都で紅葉見物⑦」「京都で紅葉見物⑧
→「京都で紅葉、第2弾①」「京都で紅葉、第2弾②」「京都で紅葉、第2弾③
 「京都で紅葉、第2弾④」「京都で紅葉、第2弾⑤」「京都で紅葉、第2弾⑥
→「京都で紅葉、第3弾(前編)」「京都で紅葉、第3弾(後編)

紅葉見物はタイミングです。
お見逃しのないようにどうぞ。

↓一応継続中、ブログランキングへはコチラから。
平成15年から開始された
尼崎市、武庫川河川敷の
新たな季節の風物詩。

武庫川・髭の渡しコスモス園

武庫川河川敷を整地し種をまき、
水をやり、除草して、ひと夏をかけて
550万本以上のコスモスを咲かせる
という大規模なものです。

コノ花園は寄付金のみで運営されており
花を咲かせるまで、そのすべての作業も
地元ボランティアのみで行うというもの。

阪神淡路大震災直後の復興期、
武庫川河川敷は尼崎市内の
廃棄物の集積場として使われたそうで
その風景は凄惨なものだったそうです。
そんな風景が徐々になくなっていく過程で、
この河川敷をもう一度花で一杯にしたい、
と考えた尼崎市民の有志達の手によって、
このコスモス園が始められたのだそうです。

↓コスモス
2_20101101213131.jpg
そんな逸話があったのも知らず、
尼崎に2年以上住んでいたくせに
コスモス園を見に行ったのはたった一回だけ
しかも尼崎在住2年目の秋の1日だけでした。
なんてもったいないことをしたんだろう。

↓満開のコスモス
1_20101101213131.jpg
今年もこんな見事な風景が
見られていることでしょう。
見ていて飽きない秋の景色。

それは何度でも見に行きたいモノでした。

↓尼崎のコスモスに、盛大な拍手を!

| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2010 初めての関西。, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。