再転勤で関西を去ってしまった、関東人の管理人が、それでもまだまだ出てくる「初めての関西」をこっそりとレポ-ト中。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
そろそろ夏休みも終わりですが、
酷暑の残暑な真夏日が一緒に終わる
そんな気配はこれっぽっちも無く、
毎日ク-ラ-に頼りっぱなしで
エコとは程遠い電力消費の毎日です。

熱さにうだる毎日のなかで
何か涼しいことがないものかと
探しているんですなかなか無いので

去年の今頃はどんなだったかな?
と思い返してみました。

去年の今頃はちょうど
水の都大阪を世界にアピ-ルする
水辺のイベント「水都大阪2009」の
開催期間にあたり大阪中之島をぶらぶらしておりました。

関連記事 ⇒ 開幕! 水都大阪2009 ①

このすぐ後に、
水都大阪の目玉の一つ
ラバーダックプロジェクト2009、
大きなアヒルちゃんの公開が始まりました。

関連記事 ⇒ あひるちゃんのいるけしき①

昨年の大阪の夏は、
夏も終わりだったというのに、
飽きることなく見所満載でしたね。
今年も何かやってるんでしょうか?
やってるんだったら見に行きたい。
でも、遠いな、大阪。


↓更新期間が延びてるけれど、ブログランキング継続中。
スポンサーサイト
新鮮な関西ネタがありません。
一般的な夏休みもあと十日を切る
晩夏に突入してしまった今日この頃ですが、

今年は、引越しとその後の仕事の引継ぎや
ちょっとした多忙が重なってしまい
夏らしい事をなにもしていなかったので

形だけでも夏らしいモノ。

↓スイカ
a_20100822234900.jpg
1/4カットで398円という
激安に吊られて買ってしまった
ひとり身には食べ応えのあるスイカ。
やっぱり真夏に炎天下にスイカ食べると
嫌でも夏の気分が盛り上がりますよね。

↓スイカソーダ
b_20100822234859.jpg
コンビニで売っていたスイカソーダ。
本物のスイカを買う機会がなかったので
これまではこれで夏気分を盛り上げておりました。

↓MAD MELON
c_20100822234859.jpg
スイカ味のリキュール、もうかれこれ3年モノ。
今年で飲み切りました。炭酸割りにしてレモン汁絞って
ベランダで夕涼みがてら夏気分でコレ、なかなかイケます。
(お酒を飲まれない方にはまことに申し訳ありません)



スイカももうすぐシ-ズンオフ。
夏もそろそろ終わりに近づきますが、
まだまだ残暑厳しい折です、皆様、
熱中症にはくれぐれもご注意を。

↓もっとスイカを食べておけばよかったなあ。 ブログランキングへはコチラから。
盲点でした。

関西でしか売ってないものが
まさかコンビニにおいてあるわけ
ないじゃないか、と、普通は思いますよね?

あったんです。
待ちに待った、
待ち望みすぎて
もうダメだろう
とあきらめていた
まさにその食べ物が。

水茄子の浅漬け
1_20100817194321.jpg
関東では滅多にお目にかかれない
関西の夏の風物詩、水茄子の
最もポピュラ-な加工品。
ソレが浅漬け

見つけたのはなんとコンビニ。
しかも目と鼻の先にある セブンイレブンで。
ソレもセブンプレミアム(PB商品)です。
もっと規模の大きいサティーの食料品売り場には
影も形もなかったのに、まさかコンビニにあるとは・・・。

盲点でした。

↓大量消費中
2_20100817194321.jpg
もちろん即買い、
発見以来毎日のように
ご飯のお供に、酒のアテにと
大活躍中の水茄子。もうこれで寂しくない!
(↑いや、期間限定って書いてあるでしょ?)

関西の名産品を関東のコンビニで
大量に扱うとは夢にも思いませんでした。
地方の珍しいモノがもっとコンビニで買えたら
おもしろそうですよね。そうなるといいのにな。
(↑無精者のつぶやきです)

なんにせよ、関東に居ながらにして
真夏の水茄子ゲットです!

ああやっと夏が来た感じがする!
(↑遅っ!!)

↓水茄子!うれしいねん!! そんなブログのランキングに 1票!(←っていうのは無理っぽい?)
ここのところ
食べ物の話ばかりですが
今回もそんな感じのお話です。

ままかり
瀬戸内海沿岸、
特に岡山県を中心に
広く知られる食べ物です。

サッパと呼ばれるニシンの仲間の小さめの魚をサバいて、
野菜や魚卵と一緒に酢漬けにした食べ物のことで、
ご飯を借りてこなければならないほど
食が進むおかず、ということから
「まんまを借りる」から転じて
「ままかり」という名が付いた
と云われます。

関西では、年中ス-パ-に売っている
パック売りの惣菜などで見かける
定番のおかずの一品なんですが、

・・・関東じゃ見かけないな~。

↓ままかり
1_20100813210258.jpg
そう思っていた矢先。
いつもの買い物先、本厚木サティーの
鮮魚惣菜のコ-ナ-でままかり発見!

前回のハモの時みたいに
季節モノの時限販売だったら、
そう思うと、これは買わなきゃ!
と思ってしまい、即ゲット!

↓美味しいんだから
2_20100813210258.jpg
ままかり。ニシンの仲間の、ソレも酢漬けが、
まさか美味いとは思わなかった関西転勤前。
噂に聞いたままかりを、スーパーで発見し
興味本位で食べてみて以来、この惣菜は
大好物の一つに急上昇してしまいました。

ただ、やっぱり関東では
当たり前には売ってないんです。
次に食べられるのはいつになるやら。

でも、こういう感じでプチ関西グルメ
(↑近畿のものではないんですが)
との出会いを探して歩くのは、
意外に楽しいもんですね。

ままかりは、ご飯のおかずはもちろんの事
実はビ-ルのつまみにもばっちりです。
嘘みたいですがほんとの話です。

↓ままかり、ご存知で無い方はぜひお試しを。 ブログランキングへはこのへんから。
↓こいつがです
0_20100809235852.jpg
ウナギ目ハモ科の魚
肉食魚であり、鋭い歯があるけっこう獰猛な魚。
生きているのを扱うのは危険な魚でもあります。
陸送技術が発展していなかった時代に、
京都まで生きたまま運べた唯一の魚
というほど生命力の強い魚であったことから
祇園祭では、供物として神前に供えられる慣わしがある
京都の、関西の夏の風物詩として親しまれる高級魚です。

鱧は大好物です。関西在住の2夏で
大量消費するほど大好物になりました。

小骨が多く、食用にするにはその小骨を細かく切る
「骨切り」という処理をしなければならないんですが、
関西ではこの時期、当たり前のように地場のス-パ-で、
骨切りした切り身や、湯引き鱧の惣菜を売ってます。
それも、ものすごくお求め安いお値段で。

関東では、鱧は気軽に食べられないもの。
デパ地下の気合の入った鮮魚店でもない限り
売っているところを見かけることはありません。

なかったんですが、ありました。

↓湯引き鱧 梅肉添え
1_20100809235852.jpg
帰り道買い物に行く本厚木サティーの
鮮魚売り場にパックの湯引き鱧が・・・

関東でも鱧が買えたー! ワ-イ!!   \(≧ヮ≦)/

買い物したのは午後8時前だったにもかかわらず
お値段半額、そんなに需要ないのかな?

↓真夏のハモ
2_20100809235851.jpg
関東での鱧の消費額は
関西の10分の1に満たない
といわれる程だそうなので、
これはチャンスかも知らんです。
毎日の勢いで半額の鱧ゲットが
出来るかも知られんです。
(いや、毎日はちょっと・・・)

でもこれで
鱧は買えることがわかりました。
一つ寂しくなくなったぞ! 

あと水茄子が買えて
街角で冷やし飴売ってれば
ればいうことなしなんですけど。

↓関東でも鱧。ええことどすなあ。 ブログランキングへはコチラから。
海老名市の端っこに住んで
厚木市へ通っているので
一日の大半は厚木にいます。
今日はその厚木市最大のお祭り
あつぎ鮎まつり」の花火大会でした。

交通規制されるあゆみ橋を渡らないと
家に帰れないので、会社帰りに
必至にペダルを漕いでいましたが、

↓始まってるやん!!!
1_20100808002005.jpg
間に合わなかった・・・。

もうこれで人ごみは回避できない。
でもそんな人ごみの中を帰らなきゃ。
帰り道に張られた交通規制をかいくぐり、
あふれる見物客の皆さんをよけて走り
人であふれかえる相模大橋の車道を
汗だくになって走りきり自宅へ。

なんでそんなにシャカリキに帰ってきたのか。

ソレはコレです。

↓自宅から花火
2_20100808002004.jpg
海老名市の新しい部屋は、
相模川の東岸近くにあるので
相模川河川敷から打ち上げられる
鮎まつりの花火が自宅から見られます。 (←自慢)


↓パームツリー
3_20100808002004.jpg
ただし、花火の写真は
これっぽっちも上手くありません
人様にお見せできるようなものが
撮れなかったので雑なものが並びます。

↓へたくそ写真
4_20100808002004.jpg
あつぎ鮎まつりは
8/6(金)~8/8(土)まで。
明日も様々なイベントが行われますが
仕事なので行けません。昨日も仕事でした。
せめて花火だけでもゆっくり見せて下さい。
と言う理由で汗だくでした。
(↑お祭り、行きたかった・・・)(-n-)


来年はちゃんと休み取って
もっと会場の近くへ行って
豪快な花火を見ようかな
とか思っていたりします。
写真の腕は上がるのか?
上がらないと思いますが。


ええと、・・・関西ネタは、どこいった???


↓あつぎ鮎まつりの花火、拍手してちょうだい。 ブログランキングへはコチラから。
欲求不満がツノッております。

関西ではこの時期当たり前に出回っていて
しかも安価に手に入るモノなのに
関東の地場のスーパーでは
その姿を見かけることは
ほとんどないもの。

ソレはコレ

↓水茄子
2_20100606205408.jpg
大阪は泉州の地野菜、水茄子。
関東では、夏ギフトのお取り寄せ商品
などにも用いられる高級野菜になってます。

手のひら大の水茄子を山盛り買って
櫛に切ってから浅漬けして
ご飯のお供に、酒の肴にと
関西在住の2夏、大量に消費して
すっかり大好物になった水茄子に
今年は出会いません。
あのシャキシャキした歯ざわりが
忘れられませんです。

中濃ソ-スならどこへ行っても買えるようになった
その代償に、大好物の水茄子を失うなんて・・・。
関東さんは、甘くねえぜ。

(↑なんの小芝居なんだか・・・)




↓水茄子、恋しいねん。 そんな感じでブログランキングなんかもケイゾク中。
転勤する前の今年の春先、
関西スーパーで買い物中、
これを発見していました。

個人的にコレは夏のもの、と考えているので
暑くなるまで記事にはしないぞ~、
と思っていましたが、
夏なので、蔵出しです。

↓神戸ワイン 白
1_20100804230424.jpg
コレを、そんじょそこらのKOBEというおしゃれなイメ-ジが
冠についているだけのキャッチーなワインだ、などと思うなかれ。
神戸市西区で生産される生葡萄のみを原料に、神戸市で醸造し
神戸市が公社を立てて販売する、正真正銘神戸育ちの生葡萄酒。
貿易港として発展したハイカラな街、神戸が作る本物の地場ワイン。
横浜市にはこういう本格派は存在しません。神戸、すごいです。

↓今日も暑かったね。
2_20100804230424.jpg
仕事帰りの真夏の日暮れ時。
暮れ残る夕焼けを眺めつつ、
キリリと冷えたグラスの白。
今日もお疲れ様でした。
大切に取っておいた
KOBEの白が
乾きに効いた
夕方でした。

↓お酒をなまれない方には申し訳ありませんでした。 ブログランキングへはこのへんから。
関西にお住まいの方なら
このお店をご存知の方は
かなり多いはずです。

宮本むなし
1_20100802010119.jpg
めしや、宮本むなし。

↓宮本むなし・新長田店
2_20100802010119.jpg
定食に限らず、丼もの、うどん、
カレ-など、飯屋としての定番メニューを
幅広く取り揃え、お得なお値段で提供してくれる
大変ありがたいご飯屋さんです。

↓宮本むなし・西元町駅前店
3_20100802010119.jpg
関西一円、主要駅の駅前に店舗展開し、
名古屋、岡山にも進出するこの定食屋。
いったい何が良いのかと言えば、
良い素材にこだわった
美味しいメニューの数々が
とにかくリ-ズナブル

↓宮本むなし・杭瀬店
4_20100802010119.jpg
加えて、
定食メニューに関しては、
ご飯がおかわりし放題。

白いご飯が食べ放題です!!!
(白いご飯が大好きです。)

↓肉野菜炒め定食
5_20100802010118.jpg
大のお気に入りはコチラ。
肉野菜炒め定食 570円
(↑2010年6月現在)

シャキシャキの野菜炒めに
とろとろ半熟の目玉焼きが乗って
たっぷりの野菜と程よい量の豚肉の
美味しい野菜炒めに、食べ放題の白いご飯。
600円以下でおなか一杯の、信じられないお得感。

↓イベリコ豚の角煮定食
6_20100802010214.jpg
奮発する時はコレ。
イベリコ豚の角煮定食 790円
(↑2010年6月現在)

素材はイベリコ豚、高級素材の銘品が
手の込んだ角煮という調理法なのに
このお値段。もちろんご飯は食べ放題。
こんなに幸せなご飯が、こんなお値段で、
そう考えただけで宮本むなし様様でした。

でも、宮本むなしは関東にはありません。

一時関東進出も果したそうなんですが、
2008年までに撤退完了。
消耗が激しかったんでしょうね。がっくし。

↓白いご飯
7_20100802010425.jpg
外食した時には、当たり前のように
「宮本むなし」の名前を思い出してしまいます。
600円でおなか一杯。あれは、もう味わえないです。 残念!


↓満腹必至の「宮本むなし」に盛大な拍手を! ブログランキングへはコチラから。

| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2010 初めての関西。, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。