再転勤で関西を去ってしまった、関東人の管理人が、それでもまだまだ出てくる「初めての関西」をこっそりとレポ-ト中。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
これは、引越しを目前に控え、
尼崎市役所へ転居届けを出しに行った
6月末の事になります。

↓尼崎市役所
1_20100730201947.jpg
ああ、なんか、もう
すでに懐かしい風景です。

午前中に出かけて、
書類の届出をしたら
なんだかんだで昼近く。

引越し荷物を梱包した後だったので
引越しまでの数日、食事は定番でもある
コンビニ弁当で過ごしておりました。
朝ごはん食べてなかったので、
さすがにおなかが減りました。

↓尼崎市役所職員食堂
2_20100730201947.jpg
せっかく久々に市役所まで来たんだから、
食堂でご飯食べて帰ろう、という事にして
地下にある市役所の食堂へ。

役所の食堂って、ちょっと安いじゃないですか。
せっかく2年以上税金払ったんだから、
これくらい還元してもらっても
バチは当たりませんよ。

さあ、なに食べようかな~、
とショーケ-スを眺めていたら
腰が抜けそうになりました。

↓150円???!!!
3_20100730201946.jpg
激安!底値!! こんな値段見た事ありませんでした。
尼崎で、いやいや、ひょっとしたら
関西で一番安いきつねうどんなんじゃないか??!!

↓きつねうどん
4_20100730201946.jpg
食べてきました。
お値段がお値段だけに
正直期待はしていませんでしたが、
・・・まっとうな「きつねうどん」です。

もっとここで食事していれば、
かなり食費が浮いたかも知れません(笑)

多分尼崎で一番安いきつねうどん。

尼崎市民の皆さん。
税金、還元してもらいましょう。(^ヮ^)b

↓尼のけつねは激安やね。   ・・・まだ続いてますから、ブログランキングへもどうぞ。
スポンサーサイト
関西から転居して早くも3週間。
新居の電話回線がやっとつながりました。

新居、神奈川県海老名市から
関西ネタのブログをお送り・・・は、
さすがに出来ません。

ですが、未発表の写真や余った写真があるので、
もうちょっと続けてみようかなと思います。

新鮮なネタは一切ありませんが
はい終わり!と終わらせるのは
ちょっと偲ばれます。

何が出てくるかはわかりませんが、
もうちょっとだけ続けます。




・・・ブログ書かないと、一日がとっても長いんですよね。
最後はたべものばっかりになっちゃいましたが、
本日この記事が、関西在住最後の更新です。

二年二ヶ月の関西生活もこれで終了。

感慨やら感想は山のようにありますが、
ソレを書き連ねるのはやめておきます。


関西は面白い。

それだけは忘れません。

いろいろ楽しませてもらった関西に、
関西の皆様に感謝して、
僕は関東へ帰ります。



・・・まだ続くかもしれません。

↓最後にココをポチっとしてくれるとうれしいな。(^^)


↓お知らせ
>> Read More
尼崎は元気なまちです。
商工会ががんばって
市外局番を大阪と同じ
「06」にしちゃうほどです。

うまいもんもたくさんありますが、
全部あげると特集雑誌が出来ちゃいます。
(尼崎ウォ-カ-、毎年出版されてますよ)

そんななかでも、
個人的お気に入りを
ちょっとだけご紹介。
ほんのちょっとだけですが。

↓アングルのカレ-
1_20100704010343.jpg

↓タントのスパゲティー
2_20100704010342.jpg
塚口にある洋食屋の姉妹店。
これから通って美味しいものを
たくさん食べよう!と思った矢先の
転勤決定だったので、惜しくてたまらんです。

↓二万翁のたい焼き
3_20100704010342.jpg
阪神尼崎駅ガ-ド下のアマセンデパ-トにある
大行列が出来るたい焼き屋の名物たい焼き。
買うのも困難なほどよく売れている
信じられないほど安い美味しいたい焼き。
もう一度くらい並びたかったですね。

↓山里のホルモン焼き
4_20100704010342.jpg

↓美味しいんです
5_20100704010342.jpg
JR尼崎近くにある肉屋のホルモン焼き。
リピ-タ-になったばっかりなのに
もう食べられません、悲しいな。

↓タカオカのチョコレート
6_20100704010341.jpg
尼崎市に本社があるメ-カ-、
中小ながら全国販売を展開する
チョコレ-ト専門メ-カ-です。
本社工場のガレ-ジで工場直売があり
何度か買いものに行きました。
安くて美味しいチョコレ-トが買えるんです。

尼崎は、安くて美味しいものが多く
そのクオリティーは大阪と何一つ変わりません。
大変ありがたい買い物事情があったんですが、
もうこの環境ともお別れなんですね。
もったいなく感じてきました。

惜しい!

↓アマのうまいもんに、拍手してくれへん?
なんか食べもばっかりになってますが
コレが一番思い出しやすくて
特色を強調できます。
そのおかげで兵庫県が、
どれだけ豊かな食文化を持っているか
知る事が出来ました。
兵庫、半端じゃありません。

↓赤穂の塩ラ-メン
1_20100704001214.jpg
播州赤穂の名産品、
天日塩を使って町おこし。

↓姫路の駅そば
2_20100704001213.jpg
和風出汁に中華麺が入った駅そばは
終戦とともに始まりました。

↓加古川のカツめし
3_20100704001213.jpg
加古川限定、
牛カツにデミグラスソ-ス。
お箸で食べる街の洋食。

↓淡路島牛丼
1_20100704003807.jpg
淡路島特産、淡路牛、玉ねぎ、淡路米
三つを使った新名物。50店舗以上の
異業種店舗が共同プロジェクトのもと販売を展開中。
淡路島牛丼です、覚えておいて下さい。


↓明石の玉子焼き
4_20100704001213.jpg
たこ焼きが世に出たのは
この「明石焼き」があったからこそ。

↓老祥記のぶたまん
5_20100704001212.jpg
関西の「ぶたまん」発祥の店、
行列必至の有名店の元祖ぶたまん。

↓高砂きんつば
6_20100704001212.jpg
四角い金つばの元祖がコレ。
元町商店街の元祖角型金つば。

↓ぼっかけうどん
7_20100704001303.jpg
神戸・長田の名物ぼっかけ。
これを食べなきゃ始まりません。

↓篠山の黒豆
8_20100704001302.jpg
京・丹波、兵庫・篠山の名物黒豆。
黒豆の枝豆が当たり前にス-パ-で売ってます。

↓香住カニ
9_20100704001302.jpg
兵庫県の日本海側のブランドカニの一つ。
香住のカニは美味い!そして安い!!

↓出石の皿そば
10_20100704001302.jpg
関西を代表する本格そば。
独特の皿盛りの形で
提供されます。

↓いかなごの釘煮
11_20100704001302.jpg
阪神地区の春の風物詩。
いかなごは各家庭で煮る、
という風習が今も根強いです。

↓灘の酒
12_20100704001301.jpg
京都・伏見と並び関西を代表する酒処。
阪神地区のど真ん中に、今でも
酒造りの街の風土が残っています。

↓甲子園のビール!
13_20100704001313.jpg
甲子園でのむビ-ルは別物です。
なんであんなに美味しいんだろう。

実際に住んでみてわかりましたが、
兵庫県は、想像を軽く凌駕する
豊かな農産品と食文化を持つ
興味の尽きない自治体です。
まだ紹介していないものも
たくさんあります。

そこを離れなきゃならないのは
もったいない無い限りです。

↓兵庫県、凄いじゃないか!拍手!!
「くいだおれ」の街
として有名な大阪のうまいもん。
あげたらキリが無いほど
うまいもんだらけです。
今回は長いですよ。

水茄子
1_20100703133206.jpg
泉州名産の地野菜、夏の風物詩、水茄子。
関西に来て以来、夏は水茄子で決まりでした。
水茄子がス-パ-で安く買える幸せとも
もうさよならです。悲しいな~。

↓紅生姜の天ぷら
2_20100703133206.jpg
関西ならではのお惣菜。紅生姜の天ぷら。
大阪発祥のこのメニュー、大好物でした。

↓きつねうどん
3_20100703133206.jpg
大阪は、どこへ行ってもうどんがある。
どこへ行ってもうどんが安い!そしてうまい!
駅の立ち食いうどんですら、うどんが美味い!
経験してみてはじめてわかる、この現実。

↓かすうどん
4_20100703133205.jpg
大阪うどんのバリエ-ション
あぶらかすがのったうどん。
安いのにボリュ-ム大。
美味しかったです。

うまくて安い大阪うどんは、
もう食べられないかも・・・。

千とせの肉吸い
関西の笑いの聖地、なんばグランド花月、
8_20100703133250.jpg
その楽屋口近くにある食堂「千とせ」のメニュー、
「肉うどんのうどん抜き」は、よしもと芸人達を育てた
名物メニューとして名を馳せております。面白いでしょ?

会津屋のラジタマ焼き
5_20100703133205.jpg
大阪たこ焼きの原点といわれるのが
この会津屋のラジオ焼き。
始まりの味に出会いました。
何度も食べました。
おいしいですよ。

やまもとのネギ焼き
6_20100703133205.jpg
数々あるお好み焼きメニューの中でも、
大阪十三、尼崎の隣町発祥のオリジナル。
大量のネギを混ぜて焼いたお好み焼き。
レモン醤油で頂くさっぱり味です。
本店で食べました。美味しかったな~。

自由軒の名物カレー
7_20100703133250.jpg
大阪洋食のフラッグシップモデル。
辛口のカレ-に卵を混ぜて、まろやか味で頂きます。
これも何回食べただろう、めちゃめちゃ好きなカレ-です。

北極星のオムライス
8-2_20100703133249.jpg
大阪発祥の洋食、オムライス。
そのオムライス発祥の店が北極星。
本店で食べた、正に始まりの味がコレ。
こんなに気楽に始まりのお店に行けるのが
大阪の凄いところです。

↓うなぎまむし
9_20100703133249.jpg
鰻丼の間蒸し、つまりどんぶり飯上のほかに、
ご飯の中にもう一層、うなぎが敷き詰められてます。

↓間蒸し(わかりづらい)
9-1_20100703133249.jpg
贅沢な食べ方ですが、この多層間蒸しのうな丼は
大阪が発祥なんですね。なんて贅沢なんだろう。

↓大阪寿司
10_20100703133249.jpg
彩り豊かで手間隙のかかった箱寿司、
何種類もの具がのった押し寿司が大阪寿司の特色。
見てるだけでも楽しい大阪寿司、もっと食べたかった。

↓「くいだおれ」の「すき焼き
11-1_20100703133349.jpg
大阪名物くいだおれ、
味にうるさい大阪人の気質を
そのまま見せの名に頂いていた
日本初のフ-ドコンプレックス
といっても過言ではないくいだおれ。
閉店直前に、くいだおれ名物のすき焼きを
食べることができました、いまや貴重な思い出です。

↓串カツ
串かつ
個人的に、大阪グルメを語る上で
絶対外せないのがこの「串カツ」。
関東はは無い食文化がここでは当たり前。
これを経験できたのが最高に楽しかったんです。
気軽に串カツ、がもう出来なくなるんだ、と思うと
大きな喪失感を抱かざるを得ません。そのくらい残念。
ああ、次に串カツ食べられるのはいつのことやら。

食べ物の事に関しては圧倒的にうまいものだらけ、
しかもすべてが安い、満腹パラダイス。くいだおれの町大阪が、
隣町だったこの環境、離れてしまうのが本当にもったいないです。

でも、もうすぐ行かなくちゃ。

↓大阪のうまいもん、拍手したってや!
引越し準備で切迫しており
更新どころじゃないんですが
出来る限りやってみます。

今回は、京都で食べたうまいもんの話。

鮎寿司と鱧椀
1_20100703072458.jpg
夏の祇園で食べた
夏の京料理の代名詞のような
鮎(あゆ)と鱧(はも)のメニュー。
これだけでも思い出の一つですね。

新福菜館
2_20100703072457.jpg
京都を、そして関西を代表する
老舗ラ-メン店の一つが、この新福菜館、
そのラ-メンとヤキメシ。
関東では食べられない味です。

宮津風ソ-スカツ丼
3_20100703072457.jpg
京都の北部の独特のカツ丼。
ご飯の上にキャベツとあさりの串カツ、
甘めのソ-スをかけていただきます。
これがハマりそうに美味しかったです。

カルネ
4_20100703072457.jpg
ハムと玉ねぎをはさんだ
それだけのサンドイッチなのに
信じられないほど美味しいんです。
これは食べる価値アリ!

貴船・川床ランチ
5_20100703072457.jpg
真夏の貴船の川床ランチ。
渓流のせせらぎが気化熱を奪い
冷房の中にいるような清涼感が
たまらなく心地良い貴船の川床。
今年も行こうと思っていたのに
もう行けなさそうです。無念。

京都の本当のうまいもんは、
もっとお金積まなきゃ食べられませんが
庶民目線でも美味しいものは山盛りです。

京都。ああ、京都です。
世界の観光地、京都まで
たった一時間で出かけられた
この環境を離れるのは惜しいです。
もっともっと出かけておけばよかった。

↓京都のうまいもんに、拍手!
和歌山のうまいもん。
といったらまずはコレ!

中華そば
1_20100702224955.jpg
一般的には和歌山ラーメンと呼ばれますが、
地元では「中華そば」と呼びます。
たかがラーメンに、独特のしきたりと
こだわりの食文化がある和歌山ラーメン。

↓早寿司
2_20100702224954.jpg
鯖の押し寿司ですが、
寿司といえば「なれ寿司」の時代に
発酵作業を行わずに出来上がる寿司
として始まった歴史のある寿司がこれ。

↓めはり寿司
3_20100702224954.jpg
高菜の葉で巻いたおにぎり。
目を見張るほど美味しい。
だからめはり寿司。
全国区のおにぎりなんですが、
名前が付いているのは和歌山県だけだそうです。

これらのお寿司は
ラ-メン屋で食べられます。

くじらの串カツ
5_20100702224954.jpg
これを文化と取るか、
そうでない物と取るか、
価値観を揺さぶる食べ物。
とっても美味しいんです。

那智黒
4_20100702224954.jpg
恐るべき那智黒。

奇岩と海岸線の眺めのいい景色と
世界遺産が並ぶ山深い幽玄な景色、
そしてうまいものだらけの食文化。
もっと通い詰めたかった和歌山県。
和歌山まで日帰りできなくなるのは
とっても惜しい気がします。マジで。

↓和歌山の侮れない文化に、拍手!
滋賀県にも独特のうまいものがあります。

近江牛丼
1_20100702220809.jpg
彦根で食べた近江牛のステーキ丼
近江牛、地場の高級銘柄牛が
お手ごろ価格で頂けました。
かなり貴重な体験でした。

鮒寿司
2_20100702220809.jpg
にごろ鮒と白飯を漬け込み発酵させた
飯寿司「なれ寿司」その代表選手がこれ。
魚の切り身と飯粒の見た目からは想像できない
チ-ズのような発酵食品の味、酒の肴には持って来い。
これを食べたことがなかったのは人生の損失の一つです。

・・・滋賀県、もっとたくさん出かけていれば
もっと美味しいものに出会えてたかもしれません。

なんか、惜しいです。

↓滋賀のうまいもんに、拍手!
引越しまでもう間がありません。
でも出来るだけなんか書こう
と思っていましので、

どうせだから面白そうなものをと思い
食いしん坊の本領発揮近畿5府県で口にした
美味しかったものをずらりと並べてみたりします。

まずは奈良編。

茶粥
0_20100701023908.jpg
東大寺で食べた茶粥。
番茶の味が、妙に懐かしい
ほっとする一品でした。

きんちゃくきつねうどん
1_20100701023908.jpg
奈良市では地域的大ブ-ム。
奇抜な外観の中に本格うどん。
これが面白くて美味しい
「きんちゃくきつねうどん」

奈良漬
2_20100701023908.jpg
奈良漬が食べられなかった僕は
奈良で本場の奈良漬を食べて以来
奈良漬が大好物になりました。
やっぱり本物は違うぜ。

桜うどん
3_20100701023908.jpg
一目千本、吉野の桜見物で出会いました。
桜で埋め尽くされた桜の山見物の最後に
桜色のうどんです。
桜バカにはたまりませんでした。

奈良は行く機会が少なかったのですが
それでも意外なものにたくさん出会いました。
もっと面白いものがあったかもしれない。

惜しいな~。

↓奈良ならでは。の、うまいもんに拍手!

| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2010 初めての関西。, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。