FC2ブログ

再転勤で関西を去ってしまった、関東人の管理人が、それでもまだまだ出てくる「初めての関西」をこっそりとレポ-ト中。

まほろばの国のいにしえの都
大和の国の政都、飛鳥の地。

奈良県明日香村に点在する
謎の石造物と遺石の数々。
それらを見物してきた模様を
紹介しております。

近鉄飛鳥駅からすぐの
欽明天皇陵墓から東へ
飛鳥の謎の石をめぐる
散策路があります。

その散策路沿いに移動、
二つめの謎の巨石がコレ。

↓鬼の雪隠
AI2-1.jpg
巨大な花崗岩の構造物。
・・・アサガオ(男性用小便器)
に見えることから、付いた名前が
鬼の雪隠」(おにのせっちん)

↓デカい便器?
AI2-3.jpg
元々はというと、7世紀後半に作られた
古墳の石櫃のド-ム状の蓋石だったモノが
墳墓の盛り土が風雨によって崩れ流出し、
石櫃自体も土砂崩れと共に横転してしまい、
墓所から一段低いところへ転げ落ちて
現在の形になったモノ。なんですって。

↓云われ
AI2-2.jpg
という事がかいてあります。

↓鬼の俎
AI2-4.jpg
雪隠の一段高いところにある
もうひとつの巨石がこちら。
鬼の俎」(おにのまないた)

コノ近辺には鬼が住み人を捕らえては
俎で調理して喰らい、雪隠で用を足した、
という言い伝えがあるそうです。

果たして巨石が先なのか
言い伝えが先なのか・・・。

↓こちらにも云われ
AI2-5.jpg
びっくりしたのは、風雪に耐えて残る古墳もあれば
風雨に流され倒壊する墳墓もあるんだということ。
作ったものが壊れるのは当然のはなしなんですが、
この巨石遺跡が世に出たのは、云われにある
おとぎ話みたいな言い伝えが生まれてしまうほど
大昔のことになるんですよ。

歴史云々よりも、コノ雄大な時間の流れが
目に見える形で残っちゃってる感に
ちょっとびっくりしています。

ああ、説明が難しい、
どういえば納得してもらえるかな・・・。

↓飛鳥の巨石、鬼の住む場所に、ポチっと一票! ブログランキングへ!


↓いちおう説明してみます。
>> Read More
スポンサーサイト




| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2009 初めての関西。, All rights reserved.