再転勤で関西を去ってしまった、関東人の管理人が、それでもまだまだ出てくる「初めての関西」をこっそりとレポ-ト中。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今回は、
自業自得の大トラブルを
一日がかりで解決しただけの話。
だから日記です。

昨日夕方、帰り際に不安が発生。
三月末に引越し荷物を積んで関西入りした
マイカ-があるのですが、
餘部鉄橋を見に行った以外は
真夏に3回くらい近所のス-パ-に
買い物に行ったくらいしか動かしておらず
バッテリ-は大丈夫かな???
と思って試してみたら・・・

見事にバッテリ-アウトの状態でした。

本日昼頃、JAFさんの助力によって
バッテリ-は復活したのですが、
エンジンをまわし続けなければならなくなり
泣く泣く雨の中ドライブに出かけることとなりました。

恥ずかしいので、
JAFさんに救助されている写真は
撮っていません。

どうせだったら、不安の残るバッテリ-を
交換してしまおうと、最寄のオ-トバックスを目指しました。
(だって、カ-ドでポイントがもらえるんだもん)

しかし!
もっとも身近にある店舗は
本日商品入れ替えのため店休・・・

↓一番近いのはココ。
雨①
複合商業施設「アマドゥ」内のス-パ-オ-トバックス。

雨②
(最寄り駅は阪神電車「センタ-プ-ル前駅」)
今まで近所は通っていたのに
コノ施設は知りませんでした。
無知って恥ずかしい・・・

エンジン再始動後、ココにいたるまでに
既に1時間以上経過しているものの
やはり不安は払拭し切れません。

頼みの綱のカー用品店が閉まっている以上
なんとかバッテリ-に充電する以外に
コノ時点で解決法は無しです。

仕方がない。高速道路を走るしかあるまい。
というわけで、高速に乗り前に、まず腹ごしらえ。

↓絶品W!!!
絶品W①

絶品W②
「アマドゥ」のロッテリアで昼食。
大好物。人生三回目の
絶品チ-ズバ-ガ-。
しかもダブルミ-ト。
少しだけ幸せでした。

次回は、雨の高速を
仕方なく充電ドライブをした話です。
(消極的なのはお許し下さい)

スポンサーサイト
JR国道駅
JR東日本、鶴見線の駅。

京浜湾岸を走る経済道路
国道5号線上にかかる駅です。

コノ近辺は2006年に
出没!アド街ック天国」に取り上げれ
鶴見線沿線にスポットが当たりましたが
殊に国道駅自体が、昭和の香りの色濃い駅
として紹介されてました。
当時横浜在住で、コノ番組を見ていた僕にとっては
自転車で行ける場所でアド街でしたから
興味津々で見てました。
横浜市は広いので10年住んでいても
行った事が無い場所がいっぱいあります。

駅は昭和5年開業、
阪神国道駅のほうが古い駅なのですが
どうしても見た目が古く見えるJR国道駅です。

↓JR国道駅
鶴見線国道駅①
ガ-ド下は一応自由通路。
首都圏にありながらも昔ながらの景色を保っている
特殊なロケ-ションのため映画のロケ地に使われる
ということも多かったそうです。

↓ガ-ド下の改札口
JR鶴見線国道駅②
駅舎はSUICAPASUMOの共通展開にあわせ
料金集受用の非接触式改札端末が設置され
ちょっとだけ近未来化しましたが
大戦中米軍機から機銃掃射を受けた
被弾痕が外壁に残っていたりするところとか、、
薄ぼんやりと暗いガ-ド下の照明とかが
確かに時代を感じさせます。

関西の方にとっても、
関東の方にとっても、
どうでもいいといえばそれまでの
ロ-カル駅の話ですが
意外と面白い東西国道駅比較でした。







↓阪神国道駅
阪神国道駅①
阪急電車 阪神国道駅。
阪急電車なのに阪神国道駅・・・何で?(笑)

実は、大阪と神戸を結ぶ国道2号線
つまり「阪神国道」に面しているため、
コノ名が付いたのだそうです。
路線は阪急今津線の駅。

↓改札口
阪神国道駅②
昭和2年開業という古い駅なのだそうです。
とてもそんな風には見えませんでした。
補修が行き届いたキレイな駅です。

↓駅舎はこんな感じ。
阪神国道駅③
・・・ところで、「関西編」ってなんだと思いますか?

実はわが故郷神奈川県の
僕の在住していた横浜市に
「国道駅」という駅ががあるんです。
国道駅と聞いたときに、
どんななのか駅を比べてみよう!!!
と思ってしまいました。

次回は国道駅つながりで
JR鶴見線「国道駅」を無理やりご紹介。

(他にネタ無いのか?)





尼崎市に怪獣出現!!!

↓怪獣・・・
AMAMAMA①
1986年に初めて出現して以来
尼崎記念公園から一歩も動かずに
近所のお子様たちを遊ばせています。

↓怪獣・・・、ぽい。
AMAMAMA②
彼の名は「AMAMAMA」(アマママ)

↓わりと怖い・・・
AMAMAMA③
もうお気づきの通り、
「AMAMAMA」は怪獣ではありません。
尼崎市政70周年を記念して1986年に完成した、
遊具としての機能も持つ大型のモニュメントです。

↓こんな看板があります。
AMAMAMA④
開設当初、ホ-ムレスにに占拠されたりして
使用不可になったりしたことがあったそうですが
今はちゃんと遊具として機能しています。

どう見ても廃材を利用してますよね。
ある意味、工都尼崎を象徴する造りに
・・・なっているのかな?
(あくまで主観ですから)

↓興味のある方はこちらもどうぞ。
>> Read More
スカイパークは夕暮とともに
穏やかなライトアップを開始します。

↓夕暮れ前。
夕暮⑤

↓夕暮れ後。
日暮①

スカイパ-クは空港施設に隣接するので
航空機の安全運行を守る観点からも
派手なライトアップはできません。
中間色の落ち着いた感じの照明が
多く用いられているように感じます。

↓夕暮時のパーク
日暮②

↓夕暮のタキシーウエイ
日暮③
飛行機の明かりがキレイです。

日暮④
飛んでるところもすごくキレイなんですが
飛んでるところは撮れませんでした。
写真ヘタっぴなもんですから。

↓ウイングデッキ
日暮⑥
すっかり日暮れです。

↓遠くに夜の管制塔
日暮⑤
とっぷりと日暮れ後、夕闇に煌々と輝きだす
夜の空港と管制塔の画。なかなかいい景色です。

↓インフォメーション
日暮⑧
メインエントランス最上階のテラスに
発着機のインフォメーション表示があります。
今飛び立った飛行機はどこへ行く便なのか、
今降り立った飛行機はどこから来た便なのか、
このプラズマ画面が教えてくれます。
すごいでしょ。

↓夕暮のメインエントランス
日暮⑨
スカイパークは 21:00まで開園。

開放感と爆音と美しい夜景。
ぜひ体験してみてください。


↓・・・気になることがひとつ。











>> Read More
↓夕暮れ前。
夕暮①
スカイパ-クをブラブラし続け、
行き交う飛行機の輝く流線型と
空気を揺るがす爆音を堪能しているうち
少しづつ日が傾き、夕暮が近づいて来ました。

↓照明点灯
夕暮②
空港施設にポツポツと灯りがともり始めます。

スタ-ライトパス
夕暮③
スカイパ-クには、夕暮の後、
日が落ちると現れるお楽しみがあります。

↓この道がそうです。
夕暮④
エリアナンバー8番にあたる
「星の丘」エリアにある
ナイトタイムのライトアップスポット、
それがスタ-ライトパスです。

2008年7月21日オープン
この路上の粒粒には蛍光素材をしており
フェンス脇から照射されるブラックライトで
路面一面が淡く青白く発光します。
さらにその中に何箇所か、
発光ダイオ-ドが埋め込まれていて
いきなり輝きだすまばゆい星が出現したり
不意に見たことがある星座が出てきたりします。

・・・残念ながら光る路面を写真に収めることが出来ませんでした。
(解放シャッタ-でも捕らえられないほど弱い光量なんだもん)
実際のライトアップは、スカイパ-クの南東エリアで
毎日ご覧になれます。夕暮のデ-トにはお勧めですよ。

今すぐ夜景を見てみたい!という方には、
伊丹市のHPで夜の写真が見られます。

↓星座
こぐま座

こと座

わし座

いて座
路面に描かれた星座たち。
日が落ちると、ソ-ラ-充電の発光ダイオ-ドで
淡く光る星座を浮かび上がらせます。

このほかにも何種類かの隠れ星座を
地面に埋め込んであるのだそうです。
星座探しの夕暮散策は、ちょっと楽しいですよ。

↓伊丹スカイパ-ク
夕暮⑤
飛行機から見える巨大な「ITAMI」のロゴ。
伊丹空港から飛行機に乗って、進行方向左手窓側に乗ることがあったら
離陸スタ-ト直後に目に入るはずこのロゴを探して見てください。

スカイパ-ク探訪は、もうちょっと続きます。





しばらくスカイパークを満喫しましょう。

↓離陸を見ましょう
離陸①
タキシ-ウェイをスタ-トポイントへ向け移動中のJAL機

離陸②
レディ-・フォ‐・テイクオフ。すごく近いでしょ?

離陸③
テイクオフ!!!
爆音を引いて北西の空へ飛び立ちます。

離陸④
いってらっしゃい、良い旅を。

↓着陸も見てみましょう。
着陸0
もうすぐランディング・・・
(手前の木にピントが合ってますが、気にしないでください)

着陸①
右足からランディング!
パイロットさん、凄腕のバランス感覚です。

着陸②
リバ-ススラスト(逆噴射ブレ-キ)開始!
画面には伝わりませんが、ココは轟音の真っ只中です。

↓公園の景色。
パ-ク①
離陸中のANA機が背景に。

パ-ク②
タキシ-へ向かうJAL機を背景に。

スカイパーク、と言うだけあって
空の景色と飛行機の轟音が
コレだけ身近な公園は、
大都市圏には他に無いでしょう。

日がな一日飛行機を眺めて過ごすのも一興ですよ。
(普通の人はそんな暇つぶしは勿体無くて出来ません)
↓案内図
ISP⑥
パークは、9のエリアに分けられ
それぞれにテーマがあります。

↓向きを変えると
ISP⑤
案内図を違う向きから見ると
飛行機のモニュメントになります。

↓メインエントランス
ISP⑦-1

ISP⑦-2
この開放感、気分転換や昼寝など
暇つぶしには絶好のプレイスです。

↓遊戯施設も充実
IPS⑦-0
大規模なジャングルジム型迷路があります
このほかにも、遊戯施設が充実してます
お子様連れで出かけても
お子様が飽きることは無いでしょう。

↓空港滑走路見取り図
ISP⑧
上のオレンジ色がスカイパーク。
こういう立地で広がっています。

↓こんなのも
ISP⑨-1

ISP⑨-2
ボーイング777の
翼面積と同じ広さのウッドデッキ。
目の前で離着陸する旅客機が
どれだけデカいか実感できます。

ボーイング777はデカいんですね・・・
実感しました。翼、めちゃめちゃ広いです。




伊丹スカイパ-ク
ISP②

伊丹空港の南西側に、空港に沿って設置されている
全長1.2kmにも及ぶ、無料開放の大きな公園です。

ここの何がすごいのかというと、空港のメイン滑走路
3000mあるB滑走路に沿って展開しているため
中型ジェット旅客機のランディングポイントが目の前に。
離着陸する旅客機のディテールやギミックを、
信じられないほど間近に眺めることが出来、
ジェット旅客機の着陸時のリバ-ススラスト
(逆噴射ブレ-キ)の轟音や、テイクオフ時の
長く甲高い爆音などを、空港の展望台よりも
さらに身近に体感できます。
(体感するかどうかはお任せします)
逆噴射の轟音は、風の具合によってはJR尼崎駅あたりまで
遠雷のように聞こえる時があります。すごい音なんですよ。

↓巨大レ-ダ-
ISP①
県道99号が空港トンネルに入る手前で
静かにぐるぐる回ってるレーダーです。

つい最近地図で調べてわかりました。
我が家から尼崎の湾岸へ行くより
伊丹空港へ行く方が近いんです。

↓管制塔。
ISP③

ISP③-2
行ってみてわかりました。すごく近い。
尼崎市園田方面から伊丹スカイパークへ、
またもや自転車でアプロ-チ。
こんなに近いんなら
もっと早く見に来ればよかった。

↓向こうが遠い・・・
ISP④
全長1200m超の広大な公園。
とにかく全部歩くと疲れます。

しかし、延々と続く公園の隣には
比較にならないほどだだっ広い
空港の滑走路がドカンと広がってます。
開放感は満点です。
関東人的視点で言う大阪名物といえば、
挙げられるものは数多いことでしょう。
挙げ始めるとキリがありませんので
今回は挙げませんけど、

ところで、大阪土産と言ったらまず何を想像しますか?

有名なところでは伝統的な「粟おこし」や、
たこ昌」のたこ焼きなどの定番がありますが、
もっと有名なものがあります。

関東の方にはあまりなじみが無いかも知れませんが、
大阪には、大阪の人間が並んででも買って帰るという
最強の大阪土産が存在します。
最強の大阪土産といえば、
やっぱり、コレに限るのではないでしょうか?

 「551の豚饅」です!

551・蓬莱
551-①

↓大阪名物「豚饅」(ぶたまん)
551-②

↓コレが「ぶたまん」
551-③

↓めちゃくちゃ美味いです!!!
551-④
我が家では、もう20年くらい前から
週に一回、父が関西へ出かける仕事をしていたため
少年時代からコノ豚饅の存在は知っていました。
甘味のある皮と、たっぷりの肉入り。
あふれる肉汁とすごいボリュ-ムが売り。
「551があるとき」はまさにハッピーでした。

551があるとき!わははははは!!!
551が無いとき・・・、しょぼん・・・。
(関西では長く続いた有名なTVCMのフレ-ズなのだそうです。)

どこでも売ってるのに、今まで買った事が無かったので
調子にのって一人で4個入りを買ってしまいました。
偶数売りが基本のお土産豚饅。
賞味期限は基本的に当日のお土産豚饅。
あんまり美味しかったので、当日中に2個は消費。
残りは冷凍して、551があるハッピーを持続させることにしました。

551があるとき!わはははは!!!
ちょっと幸せ。 

(^ヮ^)b

↓実は、こんな物も買ってしまいました。




>> Read More
JR大阪駅を使用されていらっしゃる方
JR東海道本線で大阪駅から京都方面へ移動する方なら、
上り進行方向右手にそびえるこの異形のビルディングの存在は
聞くまでも無くご存知だと思います。

↓ビルの中から観覧車が・・・
H-5①

H-5②
ちょっと無理矢理っぽいですが、
ほかではそうそう見られない景色ですよね。
阪急エンターテインメントプラザ「HEP
に設置されている、世界初のビル一体型大観覧車です。

同様の施設は、僕の古巣、横浜市は港北ニュータウン
モザイクモールにあったため、ビルの中の観覧車は
個人的には経験済みなのですが、
HEPの観覧車が世界初です。
大阪が世界初のビルの中の観覧車。

そう思って見てみるとコレも、
立派に歴史的意義がある文化遺産なんですね。

↓スカイビルから(5月頃)
H-5③
高いところが大好きな僕としたは
いつかは乗りに行かねばと思いつつ
いまだ乗車にはいたりません。

いつか乗りに行かなきゃ。

JR大阪駅を使用されていらっしゃる方
JR東海道本線で大阪駅から兵庫方面へ移動する方なら、
下り進行方向左手にそびえるこの異形のビルディングの存在は
ご存知だと思います。

↓ビルの中腹からチャペルが生えてる・・・
モントレ大阪①

モントレ大阪①-2
コノ建物は「ホテルモントレ(MONTEREY)大阪」の
チャペル グドゥエル」という結婚式場の施設だそうです。
ベルギ-に実在する教会を複製したものなのだそうですよ。

・・・何故ビルの中に!!??

コレだけでも十分な話題性を持ち合わせていますよね。

関西に住むようになりコノ景色に慣れた今でも
コレを見るたびに、「おお!スゴイ!!」と
ちょっと感嘆の思いで眺めてしまいます。

↓近景
モントレ大阪②
不思議なことに、近くで見ると意外と気になりません。
瀟洒なつくりの格式高いホテル。まさにそんな感じです。






JR大阪駅を使用されていらっしゃる方
JR東海道本線で大阪駅から兵庫方面へ移動する方なら、
下り進行方向左手にそびえるこの異形のビルディングの存在は
ご存知だと思います。

↓ビルの中に高速道路が!!!
珍①-1

珍①-2


珍①-3
このビル、正式名称は「ゲートタワービル」
通称「ビーハイブ」というオフィスビルだそうで、
大阪市は北区梅田と福島区福島の境に建ってます。


ビルの中を高速道路が走っていますが、
ビルが道路を支えているわけでは無く、
道路はビルに空いた空洞にまったく触れずに
空中に渡されているのだそうです。

阪神高速には、このほかにも数箇所
ビルの中を通過するポイントがあるそうです。
大阪すごい、想像を絶してます!!!



昨日の事、買い物のついでがあり
ナンバへ出かけてきましたが。
そこで見かけました。
何度かテレビで見たことがります。

大阪名物として知る人ぞ知るコレ。

↓「北極アイスキャンディー
北極①
何度か前を通りかかっていたはずなのに
真夏の間はまったく気に止まらず、
「本日最終日」の看板に目が行って初めて、
・・・こんな所に有名なアイスキャンディーのお店が!!!
と気づきました、

↓コレを食べました。
北極②
暑くは無かったのですが、ちょっと歩いた後だったので
のどが渇いていたためミルクやアズキはちょっと遠慮。
さっぱりしたオレンジを食べました。

道頓堀の橋の上で
風に吹かれて涼みながら
大阪名物のアイスキャンディー。

・・・夏の終わりを実感しました、
僕の初めての関西の夏は終わりました。

今度は初めての関西の秋がやってきます。

楽しみですね。   (^^)/
京都発祥の地野菜、いわゆる京野菜です。
実物を初めて見ました、「万願寺とうがらし」です。

京野菜の中では、唐辛子の王様とも呼ばれ、
生食できるほどのやわらかさが売りだそうです。
夏が旬のシシトウとは違い、旬は春なのだそうです。

↓万願寺とうがらし
万願寺とうがらし


・・・唐辛子のくせに、味は「ピ-マン」でした。


でも、すごく甘くてやわらかい。
生でバリボリ食べちゃいました。
生食の万願寺とうがらし、イケますね。 (^ヮ^)b

ところで、辛い万願寺とうがらしって、
出回ってるんでしょうか???
京料理に於いては、夏の定番食材。
日本の夏を知らせる、川魚の代表格。
九月の今日この頃にあっては、
夏の名残りを思わせます。

「鮎」です。

・・・ちょっと待て。鮎はどこでも買えるだろ。
と思われる方もいらっしゃるでしょうが、
自分史上、鮎がこれほど安く買えたためしは
かつて一度もございません。

15㎝位の鮎二匹のパックが、
タイムサービスで400円以下。
関東で買ったらお値段2倍以上です。

もちろん養殖モノ、しかも徳島県産でしたが、
やはり関東に比較すると関西方面のほうが
需要が高く流通経路も短縮されているので
価格に反映するのだ、と勝手に考え
あえて「鮎」は関西モノ
にカテゴライズしちゃいました。

↓晩御飯に鮎の塩焼き。
鮎が安い
ちょっと串打ちに失敗。
でも、夏の名残りの鮎。
美味しくいただきました。
その昔のはなし。

中学の修学旅行の時、
鹿苑寺金閣から、嵐山の渡月橋まで、
修学旅行の時はバスで移動しました。

バスっていいな。
ちゃんと道を知ってる運転手さんが
黙ってても目的地に連れてってくれるし
途中で寝ててもちゃんと目的地に着くもん。

自転車での移動は、そうはいきません。
ペダルを漕がなくちゃ前に進まないし
休んだらそれだけ到着が遅くなるし
寝る?それは絶対に出来ません。

鹿苑寺から嵐山までの道のりは、
コレまでの京都の道程には無かった
厳しいアップダウンの連続でした。

横浜在住の頃に比べれば
こんな坂道くらいはへいちゃらプー、
笑って越せるじゃんかゲラゲラゲラ(^ヮ^)
みたいな坂道だったんですが、
(実際横浜の坂道には鍛えられました)

なんだかんだで朝7:30から延々自転車を漕ぎ
宇治から京都、二条から鹿苑寺へ走った後の
(途中平安神宮から烏丸通近辺まで徒歩移動あり)
の僕の脚には、何でこんなに登ったり下ったりするの!!??
みたいな無茶な上り坂に感じられました。
この時点でそろそろ17:00頃、という時間。

道程は、京都の象徴のひとつ、
何でココ見ないのあんた?
と言うくらい有名な龍安寺仁和寺
脇にかすめて通過、今回は残念ながら素通り。無念。
嵯峨方面へ向けて猛スパートで坂道を
のろのろと登ったり、猛烈に下ったり。

広沢池
広沢池

途中出くわした野池、広沢池。
この池は平安時代に出来ました。
紅葉でも桜でも、月見でも名所なんだそうです。
観月池としてその名は有名な広沢池。

・・・後で調べてわかりました。

今度は、紅葉の時期にも
「人力鉄腕ダッシュ」なんでしょうか・・・
それはもったいない気がしますね。

清涼寺山門
清涼寺

近くに嵯峨を代表する名山、大覚寺があったのですが、
既に17:00過ぎ、立ち寄っても
参拝出来る時間では無かったため
通り道の清涼寺を写真に納め
今度また来ます!と頭を下げ
一路嵐山へ向かいます。
清涼寺山門前から、そのまままっつぐ道沿い
南南微東へ下り坂をずーっと惰力で走った先
最後の目的地、渡月橋へダイレクトでアクセス!!!

渡月橋
渡月橋①

E-410 486
ああ、渡月橋まで来られた。
良かった、また見られたよ、渡月橋。

名勝、嵐山へ向かって陽が落ち始め
夕暮れ前なのに既に薄暗い感じがします。
近所のみやげ物屋さんや、レストランの類も
帳を下ろすような時間に差し掛かっています。

一日で回った修学旅行リタ-ンズ。

結果としては、ある意味成功、ある意味失敗。
一日で回るのはもったいなかったです。
もう少し時間をかけて、もう一歩先の、
もうちょっとディープな京都の深淵を覗きたい
そんな欲求を生み出してしまいました。

お金と暇があれば、僕はまた京都にやってくるでしょう
今度はゆったりと深いものを覗きに行きたいと思っています
京都で自転車は、とりあえず桜の時期までは封印。

・・・出来るかな?
・・・無理かもしれませんが。

ココからJR京都駅に戻ります。
頑張って帰りました。疲れました・・・。

でも最高に面白い夏休みでしたよ。

(^^)v










もうちょっとじっくり見物したかったんですたけど、
後ろ髪引かれる思いで二条城の見物を切り上げ
次の目的地に向かうことにしました。

次の目的地は大文字山のふもとに鎮座する
またしたも京都が誇るの世界遺産のひとつ。
鹿苑寺 金閣」です。

ただ、二条城から鹿苑寺までは、
またもや延々と緩やかな上り坂、
走っていてもスピ-ド出ないなー
程度の感想しか湧いてこない
登ってるかどうかよく判らん緩坂。

コレ、意外にキツイんですよ。
この緩坂が、後々響いてきますが
その話はまた次回。

↓来ました!!! 鹿苑寺山門です!!!
金①

金②
案内図は、鹿苑寺の広大さを物語り、
ココも全部見てたら次が続かない事を
思いっきり思い知らせてくれました。

大人が修学旅行形式で京都を見て回ったら
望むまま深淵に達するような有意義な観光には
とうていならない事がしみじみわかりました。
京都観光はざっと見では役に立たないです。
もっとピンポイントで浸りに行かきゃダメですね。
(自転車で回るのがそもそも間違いなんじゃないか?)
ただ、来たからにゃ要所だけは押えて行きます。

お待たせしました!!! 金閣登場です!!!

↓鹿苑寺 舎利殿 またの名を「金閣」です。
金③
全景です。

金④
池に移りこむ逆さ金閣。

このアングルで撮影するためには
撮影ポイントに行列が出来ます。
教科書やガイドブックに載る景色。
どこから見ればその景色に行き当たるか
みんなわかってるんですね。
「池に行き着いてすぐの場所」
鹿苑寺で記念撮影するときは
先ずココだけ抑えてください。
そうすれば、間違いなく
みんなが知ってる金閣と一緒に
写真に写ることが出来ます。

↓真横から
金⑤
皆さんご存知とは思いますが、金閣は
1950年放火により一度焼失しており、
そのエピソ-ドは三島由紀夫の小説
「金閣寺」の題材にもなってますね。

ココで時間切れ、

拝観は確か16:30受付終了
17:00か17:30には閉門。
入った時点で16:00過ぎ。

古都京都の寺社仏閣は仕舞いが早いです。
その辺は古都鎌倉とまったく同じで経験済。
(僕、生まれも育ちも神奈川県ですから)

だから、最後の目的地がちょっと遠いので
このまま鹿苑寺のすべて堪能していると
夕暮れ時を過ぎてしまった光線の加減で
写真を撮る事ができなくなってしまいます。

↓帰り道
金⑥

金⑦
涙を呑んで鹿苑寺を離脱。
関西にいるうちにもう一度金閣を見に来よう
出来れば雪の中に佇む金閣を見に来よう。
今度は金閣だけを見に来て、浸って帰るからね。


平安神宮前でまさかのパンク、
自転車を押して京都の繁華街へ
自転車屋さん探しのてくてく移動。

近所のお店で聞いてみたら、
三条近辺の鴨川沿いにスポーツ車を
扱ってる自転車屋があるよと言うので、
行って見たら定休日でした・・・

結局新京極まで歩いて、交番で
おまわりさんに自転車屋をたずねて
さらに歩いて15分の位置にあるお店へ

わずか5分程でアウタ-交換終了。
チュ-ブは耐久性重視で選ぶようにして
安物は避けたほうがいいですよ、と
アドバイスまでいただきました。

お店には放下鉾のちまきが飾ってあって
トラブルと思っていた中に、京都の風情を
ちょっと味わった感じがしました。

走行再開まで、約1時間の徒歩移動。
(かなりあっさり紹介しました。)

それでは次の目的地に向かいます。

二条城
2-1.jpg
将軍家上京(京都へ赴いた)時の居城
幕末時、大政奉還が宣言された
歴史的現場、日本史の一部でもある
世界遺産・国宝、「二条城」です。

↓東大手門
2-2.jpg
簡単な言葉では言い表せない
日本の歴史の象徴のひとつです。

↓二条城案内図
2-3.jpg
地図の下のほうから入っていきます。

↓唐門
2-4.jpg

2-4-1.jpg
二の丸御殿入り口の大きな門
豪華な彫刻が施されています。

↓二の丸御殿
2-5.jpg
文化財保護のため、内部は撮影厳禁です。
歩くと床板がきゅっきゅと鳴る「鶯張りの廊下」
を歩いて内部を見て回ります。

実際に大政奉還の宣言をおこなった謁見の間には
当時を再現したマネキン人形が据えられ公開されています
当時の風景を想像しながら見られます。
ココで本当に歴史が動いたんですよね。

↓二の丸庭園と二の丸御殿外観
2-6.jpg

2-7.jpg
贅を凝らした日本庭園。キレイな風景です。
二の丸御殿の縁側に座って眺められたら
どれだけ気持ちいいことでしょう。
残念ながら世界遺産に
そこまでのサービスは望めません。

↓本丸への入り口
2-8.jpg
本丸は四方が堀に囲まれていています。

↓本丸御殿
2-9.jpg

2-10.jpg
都の中の、静かなお城。
観光客がいっぱいいるのにその静かさは味わえます。

↓本丸西側
2-11.jpg
二条城は広かった、というより広すぎです・・・、
もう一回来ないと
その意義やら歴史やらを堪能することは
とてもじゃないけど出来そうもありません。
修学旅行って、すべてが中途半端で
もったいない旅行の仕方だったんですね・・・

でも、その修学旅行のインパクトは、
大人になってからもちゃんと残っていました。
後できちんと物事を考えるようにするための
入り口の役目はちゃんとはたしてたんですね。








慈照寺銀閣を後に
次の目的地へ向かいます。

次に向かうのは平安神宮。
今度は大丈夫。
昨日地図見たから迷わないでいけます。

で、・・・気がついたら同志社大学の前に居ました。

地図で検索してみてください、笑えますから。

↓平安神宮大鳥居
平安神宮①
大鳥居は24.2mの高さがあるそうです。
呆気にとられるほどデカいです。

平安神宮神門(應天門)
平安神宮②
中学時代に初めて見たココ、
深い緑と鮮やかな朱で彩られた
巨大な神門と社殿、
異様に広大な境内が、
ず-っと印象に残っていました。
今もその印象はさほど変わりません。

1895年(明治28年)平安遷都1100年を記念して
桓武天皇を祀る神社として創建された神社で
創建が近代であるため、神社として文化財には
指定されていないのだそうです。

今の社殿も1970年代に火災に会い再建されたもの、
京都の神社としては、かなり真新しい建物なのだそうです。

↓外拝殿(遠景)
平安神宮③
門から拝殿までが、
異様に遠く感じます
それくらい広大です。

↓外拝殿(かなり近景)
平安神宮⑤
拝殿内は、文化財保護のため
残念ながら撮影NGでした。
拝殿内部も異様に広いです。

社殿のデザインは、平安京正庁の
朝堂院と呼ばれた、政の中心だった建造物の
縮小コピ-(縮尺8分の5)とされているそうです。

↓複雑な建造物
平安神宮④
都城の執政部はこんな形だったのだそうです。

↓拝殿側から見た神門
平安神宮⑥
なんだかすごく空が広い感じです
開放的でいい空間があります。

↓神門から大鳥居。
平安神宮⑦

平安神宮⑧
神宮近辺は岡崎公園。
府立図書館や京都市美術館
京都市動物園やスポーツグラウンド
などが集まっています。
ココも1日過ごせる
文化の薫り高いエリアですね。
岡崎公園をちょっと散策していこう

と思った矢先、トラブル発生。
神門近くで「パンッ」という破裂音、
時刻は南中を過ぎた12:30頃、
初秋と言うには暑過ぎる夏の陽気、

まさかと思って、
自分の自転車に
近づいてみると、

・・・後輪が破裂してました。

タイヤチューブが膨張して破裂、
クリンチャ-タイヤのアウター
(タイヤの外側、接地する厚いゴムのやつ)
をブチ破る強烈な勢いで破裂してました。

さあ困った・・・
代えのチューブは持ってきたけど
ハイプレッシャー対応のロ-ド車用チュ-ブは
亀裂が入ったアウタ-の中で膨らましたら
間違いなく二度目のパンクを引き起こす・・・

鴨川を渡れば京都の繁華街、
自転車屋さんくらいはあるよね?
と、出来るだけ楽観的に考え
自転車をコロコロ押して
鴨川方向へ歩き出しました。
めちゃめちゃ暑かった、
もう秋なのに・・・

この後の顛末は
次回あっさり
お伝えしたり
しなかったり。















伏見稲荷参拝に立ち寄ったおかげで
なんとなく落ち着いた気分を取り戻し
気分を新たに、京都人力観光再開です。

次の目的地は、慈照寺銀閣

伏見稲荷大社からは、鴨川沿いを一直線に
10㎞くらい走ります。地図を見る限りでは、
京都市の市街地をほぼ縦断する距離です。
目的地に向かう間、延々鴨川を拝みます。
それだけでもちょっと楽しくなってきました。

↑走っている間、カバンからカメラを出せなかったので
延々鴨川沿い直線サイクリングの画像はありません。
延々鴨川、意外と面白かったのですが、ごめんなさい。

そうこうするうち、下賀茂神社付近、
加茂大橋を左に見て出町柳駅前を
今出川通りへ右折。
西の最高学府、京都大学前を通過
緩やかな上り坂を東今出川通り沿いに
慈照寺山門前へ至ります。
(↑地図検索用地名案内)(←笑)

ようやく到着。
東山大文字のふもとの
世界遺産・銀閣寺です。

↓慈照寺境内案内図
銀閣寺①
↓山門
銀閣寺②
↓銀閣寺垣
銀閣寺③
↓手入れが行き届いた砂の前庭
銀閣寺④
↓向月台(砂盛り)
銀閣寺⑤
↓銀沙灘(ぎんしゃだん)(建物じゃなくて砂盛りのほう)
銀閣寺⑥
見事な「寂び」の世界を描き出す慈照寺の庭園、
他にも迷うほど見るところがいっぱいあります。

凄い駆け足で紹介してるけど、
・・・肝心の銀閣は???

・・・ご存知の方も多いと思いますが、
慈照寺の「銀閣」は、2008年2月から
約2年間に渡る長時間を費やす
世紀の大改修工事の真っ最中です。
銀閣寺に来ても銀閣そのものを
銀閣の姿で拝むことが出来ません。

↓今の銀閣(遠景)
銀閣寺改①
がっかりしちゃだめですよ。

↓今の銀閣
銀閣寺改②
以前、アメリカの自由の女神が
大改修工事をしたことがありましたよね?

今の銀閣はその状態。改修工事が終わったら、
この景色は永遠に見る事が出来無い景色になります。

↓実は歴史的な景色です。
銀閣寺改③
銀閣の大規模な改修工事は初めてなのだそうです。
今のこの景色は、世界遺産、慈照寺の歴史の中では
一瞬で無くなってしまうほど短い化粧直しタイムです。
歴史的一瞬に立ち会うことが出来る貴重な体験です。

銀閣見れないじゃん、損した!!!
なんてとてもじゃ無いけど思えません。

↓今の銀閣(近景)
銀閣寺改④
何年かしたら、
お色直しを済ませた美しい銀閣を
いつでも拝めることになるでしょう。

その後の銀閣ならいつでも見にいけますが、
つまらないと思えるこの景色は、
修理が終わったら二度と見られない景色になります。
この事実を歴史的意義として経験してみませんか?
将来の語り草になりますよ。

↓苔
苔
見事な苔に覆われた慈照寺の庭園は、
その手入れにおいてあまり生えてほしくない苔や、
はえたらいけない苔の種類があるのだそうです。
その苔の展示、邪魔な苔まで展示中。面白いです。

↓哲学の道
哲学の道①
慈照寺へ行くには必ずここを通ります。
桜の名所としても知られるココ「哲学の道」。

東山大文字をあおぎつつ
桜を眺めて感慨にふける、
そんな花見散歩、いいですね。
桜の時期にまた来たいけど

桜の時期には、
おそらく京都で「人力鉄腕ダッシュ」でしょう。
「一日で桜の名所 いくつ見れるか!!!」です。(笑)

↓こんなところです
哲学の道②
そんな想像をめぐらせつつ
哲学の道沿いに、次の目的地に向かいます。













京都に自前の自転車を持ち込み
はるか昔の中学の修学旅行ル-トを
自力の人力で再現しようという
酔狂な京都サイクリングを実行中。

目的地のラインナップは「平等院」「銀閣寺」
「平安神宮」「二条城」「金閣寺」「渡月橋(嵐山)」

中学の修学旅行ではこのほかに
清水寺」「三十三間堂」「新京極」に行きましたが
↑この3つはこの間行ったばっかりなので、
時間の都合もあったため泣く泣く割愛。

朝っぱらから鳳凰堂を参拝し
踵を返し、今来た道を自転車で
ふたたび京都市街へ全力疾走。
京都から宇治へはほぼ緩やかな下り坂
帰り道は当然その逆で緩やかな上り坂
緩やかな分こぐのは楽なんですが、
ジワジワと疲れが脚に来ます。

↓ちょっと一休み
伏見稲荷①

伏見稲荷②

伏見稲荷大社の前を通りかかりました。
日本全国に数多存在する「お稲荷さん」
その総本社、伏見のお稲荷さんです。

お稲荷さんと言うと愛知県の「豊川稲荷
と思う方も多いと思いますが、
豊川稲荷は実はお寺なんですね、
「稲荷神社」の元祖は
この伏見稲荷大社になるんです。

中学の修学旅行では行かなかったけど
ココはお稲荷さんの総本社、
何かのお導きなのかもしれないので
一休みもかねて立ち寄ることにしました。

↓拝殿
伏見稲荷③
伏見のお稲荷さんは、
毎年正月三が日の初詣客数が
近畿地方最多を記録するのだそうです。

↓見所はこの奥にもあります
伏見稲荷④
本殿から奥の院へ向かう参道に
奉納鳥居がびっしりと並ぶ
「千本鳥居」があります。

↓千本鳥居
伏見稲荷⑤

伏見稲荷⑥

伏見稲荷⑦
写真ではなかなか伝わりづらいのですが
厳かで幽玄な風景が続いていきます。
この景色には浸りに来る価値があります。

↓参道のみやげ物屋さんの軒先に
伏見稲荷⑧
お供え用の神器がずらり。
お稲荷さんらしい景色ですよね。

伏見稲荷に寄ったのは、偶然ではなく
やっぱりお稲荷さんに諭されに来た
みたいな気分になりました。

あんた、何あくせくしてまんの?
もっと楽しくいけばええのんとちがう?

みたいに。

せっかく来たんだから
もっと京都を愉しまなきゃね。

この時点でまだ10時前。
時間はまだまだ充分あるんだから。










ようやく取った遅い夏休み。
ここは思いっきり緩まなきゃ
と思いだらだら過ごす事を決意

しようと思っていたのですが、
休みに入ったとたんなんか
いきなり考えが変わりました
せっかく初めての関西で夏休みなのに
なんでだらだら出来ようものか!!!
もったいない!!! 観光しろ観光!!!

せっかく休みなんだから
普段出来ない事をしなくちゃ
もったいないですよね。

と言うわけで、実行しました!!!
京都の定番スポットを人力観光!!!

中学の修学旅行で初めて来た京都。
その修学旅行で回った名所を、今度は
人力で、たった一日で、一気に全部
堪能しながら回ってやろう!!!

と言うわけで、
夏休み初日にアウトドアショップで輪行バッグを購入。
自転車を分解して押し込み電車に持ち込む袋です。
翌日早朝、自転車抱えて始発に乗って、
いざ行かん、古都・京都へ!!!

↓最初の目的地はココ!!! 平等院!!!
平等院①
京都駅で電車を降り自転車を組み立て
最初の目的地平等院の場所を見てビックリ!!!

平等院って、・・・宇治市??? 
京都市内じゃなかったっけ???
朝7:30には京都駅にいたのですが
宇治市まで走るとすると、どう考えても
一時間以上かかります。

無知って恥ですね・・・
自分の無知を呪いつつ、しかしココは開き直って
フフフフ、ちょうど良いウォ-ミングアップじゃないか
と、無理やりなやせがまんで、
苦難のスタ-トに負けるもんかと
JR京都駅から宇治市の平等院へ
通勤ラッシュが始まりつつある
京都市街をこぎ始めました。(^^;)

↓やればできるもんだ
平等院③
朝日がまぶしい早朝の山門、
平等院の一般参拝開始時間は8:30
8:30ぴったりに山門前に到着。
みなさん、京都から宇治までなら
自転車で一時間で行けます。
ほとんどが緩やかな下り坂です。
レッツチャレンジ!!!
・・・帰り道地獄見そうですね。 

↓来ました!!鳳凰堂!!!
平等院④-1
↓イベント準備中
平等院④
この日は後日行われるイベントのため
鳳凰堂の周りには、ステ-ジと照明類が
ゴテゴテとセッティングされている
珍しい景色を拝む事が出来ました。

↓鳳凰堂全景
平等院⑤
みなさんよくご存知のアレ、
10円玉の表に描かれた
あの鳳凰堂です。

↓コレ、やってみたかったんですよ。
平等院⑤-1
鳳凰堂見物の際には
ぜひ10円玉をお持ちください。
コレが実物というのがわかります。

コレ、見覚え無いですか???
平等院⑦
お手元に1万円札があったら
しげしげと見比べてください。
コレが本物です。

鳳凰堂見物の際には
ぜひ一万円札もお持ちください。
コレが実物というのがわかります。

↓対の一体
平等院⑦-2
鳳凰堂の象徴たる
この「鳳凰」一対二体は
創建当初のものではなく
複製が乗っているのだそうです。

しかし、この鳳凰は紛れも無く
鳳凰堂の「鳳凰」、硬貨に、紙幣に印される
日本が世界に誇る象徴的な鳳凰の像です。
複製といえど、一見の価値有りですよ。

↓阿弥陀如来像
平等院⑥
忘れちゃいけません鳳凰堂に鎮座まします阿弥陀如来像。
柔和なご尊顔を池の向こうからも拝む事ができます。
鳳凰堂自体の観覧・参拝は9:00開始です。
一見の価値あり、レッツチャレンジ!!!

僕はまた京都市内まで延々上り坂が待っているので
これ以上ココにとどまっていられませんでした。
なんつっても人力移動、自転車ですからね・・・

↓紫式部ゆかりの地
平等院②
源氏物語の最後の十帖は
宇治十帖と呼ばれるそうで光源氏の子孫の物語になり
後日談的な(やはり悲恋中心な)物語になるそうです。
その宇治十帖を記念する紫式部の像が、名勝「宇治橋」
の袂に設けられています。

今年(2008年)は、
源氏物語生誕1000年紀を迎える
歴史的な節目なのだそうです。
TVでも様々な源氏物語モノを
電波に乗せています。

源氏物語ファンには、
今年は熱い年なんですね。

自転車で修学旅行リタ-ンズなおっさんも
源氏物語への興味はかきたてられてるんです。

ただ、今回は浸る時間がありませんでした。

・・・無念。















黒門市場でぶらぶらしてきましたが
個人的に面白かったものをちょっとだけ
紹介しましょうね。

↓生豆の珈琲豆の小売
生コ-ヒ-豆
町のコ-ヒ-屋さんで、焙煎したレギュラーコ-ヒ-を
豆のまま売っているのはよく見かけますが、
未焙煎のコーヒーの生豆を売ってる光景って
なかなか見かけないんじゃありませんか?

このお店は生豆をドカンと大量に扱っています
コーヒーの香りと味の良し悪しは、焙煎してから
どのくらい短時間経でコ-ヒ-にするかに左右されます。
豆が挽き立てでも焙煎後何週間も経っていたら台無しです。

ココで焙煎してもらった豆を買って帰れば、
間違いなく美味しいコーヒーが頂ける事でしょう。

いつかはココでコ-ヒ-豆を買うぞ!
という「黒門買い出し紀行」を計画中。

今回はお買い物なしの腹ごなし散歩でしたから
日を改めていつか来ます、
アルファさんみたいにスク-ターじゃなく、愛車の自転車で!!!
(・・・元ネタ知ってる人はもういないよね、横浜買い出し紀行)

マニアなネタはさておいて、軌道修正。

黒門市場には目で愉しむもうひとつの名物があります。

↓ふぐ
オブジェ①
商店街のア-ケ-ドに数々の海産物が
巨大なオブジェとして飾られています。
コレを全部見て回るのも面白いですよ。

↓伊勢海老
オブジェ②
↓真鯛 (ぶれちゃった)
オブジェ③
↓クエ (コレもぶれてます)
オブジェ④
↓マグロ
オブジェ⑤
ほかにもまだまだたくさんあります。
お買い物ついでにこれらを巡って
コンプリ-トしてみてください。

↓わかりやすい立地
黒門市場④

黒門市場⑤
大阪在住の方には説明の必要は無いでしょうが念のため。
黒門市場はナンバは千日前商店街の南東側、
堺筋をはさんで向こう側のお隣に位置してます。

ナンバの中心街や、観光名所の道頓堀からもすぐそこ。
観光客の皆様には、観光ついでに、大阪の巨大な台所に
寄ってみて見るのも、ちょっと面白いですよ。  (^^)b
美味しい食べ物もいっぱいありますから。

僕はおなかいっぱいだったのでたべられませんでした。
もったいないことです。

このあと約一時間半をかけて
梅田の駅に歩いてたどり着き、
無事帰宅して晩御飯にありついたことは
申すまでもございませんので割愛いたします。






ある休みの日、とつぜん串カツが食べたくなったので
真昼間から新世界まで出かけて串カツで昼ごはん。
大変満足したのですが、何せ相手は高カロリ-、
食った分ちゃんと消費しないと体に悪そうだな~
と思い、帰り道は大阪駅まで歩いてみよう
という無駄な努力を決意。・・・要するに暇なんです。

幸い道順は、自転車で走った経験があり
地図は無くてもOKなので、周りをながめながら
てくてくと北上を開始。新世界から梅田まで
カロリ-消費のための散歩移動を開始しました。

何で黒門市場からはじまるのかというと、
日本橋(ポンバシ)の電気街とかオタロ-ドとか
なんか気恥ずかしくってレポ-トしずらいんですもん。

否定はまったくしてませんよ、
需要があるから存在する商いですし
僕もマンガとかその辺は嫌いじゃないし。

↓ガンダム専門店
ガンダム館
ジョ-シン電気のガンダム専門別館。
ガンダムの関連商品オンリーでビル一軒分
の商売が成り立っていて、しかも繁盛してます。
恐るべしポンバシ!!!  面白い!!!

軌道修正。

ただ、その向こうの黒門市場のほうが
食いしんぼの僕にとってははるかに魅力的でした
・・・おなかいっぱいなので見るだけですけど。

黒門市場南端
黒門市場①
黒門市場は大阪の中心街ミナミに存在する
魚介類や青果などの生鮮食品に特化した
大規模な「商店街」。取引市場の場外ではなく、
商店街なんですね。

↓商店街としての自信がコレ
黒門市場②
市場直結仕入れの店舗が多く、
繁華街の仕入れを担う部分もあり
商店街としての努力も結実しているため
市価よりも安価に商品が提供されています。
市場と呼ばれるほどいいものが安く手に入る
という大阪きっての有名なお買い物ストリ-トです。

↓夏の名残の「鱧」
はも
切り身でしか見たことがありませんでした、
鱧、今年は生まれて初めて大量の鱧を食べました
来年もいっぱい食べるんだろうな。来年もよろしくね。 (^^)/

↓秋の走りの「マツタケ」
まつたけ
普通はちょっとお高い「炊き込みご飯の素」の具に入っているのしか食べませんよね?
コレだけ大量の松茸、「目の保養」な光景です。うらやましい・・・



・・・関西関係ないですね。

休みの日に梅田に買い物に行った時の事
ついでだからお昼ごはん食べて帰ろうと思い、
食べる店を探して駅近辺をぐるぐる回りましたが
いまひとつ「コレだーっ!!!」と言うものが見つからず
ランチタイムも終わりに近づいた頃、ある店を発見

↓本格タイ料理の格安ランチ
タイ料理①
タイ料理って、何年も前に輸入品のトムヤムクン味の
インスタントラ-メンを食べたのが最初で最後でした。
旨味がなくただ酸っぱくてのどが焼けるほど唐辛子な
これっぽっちも美味しくない安物のラ-メンに辟易し
タイ料理というものは個人的には「食べなくても良いもの」
としてしばらく定着していました。

↓・・・美味しそうですよね
タイ料理②
クエッティオ・ナ-ムとガイ・ガバオのセット
ナンプラー風味のタイヌ-ドルと鶏挽肉のバジル炒めご飯のセット(デザ-ト付き)です
(トムヤムヌ-ドルのセットがありましたが、念のため敬遠しました)

お店のメニューには料理の内容がちゃんと記載されています
タイ料理の難点は、メニューの名前だけを見て料理が想像できないところ
ですが、かゆいところにちゃんと手が届いてます。

タイヌ-ドルは、ナンプラー風味、つまり魚醤の味なので
魚介系ラ-メンのようで非常に食べやすく、
鶏挽肉のバジル炒めは確かに辛いんですが
しっかりと味があり、ご飯のお代わりも自由で
しっかりとおなかいっぱいになります。
パクチ-(香菜)も乗ってます、初めて食べましたが
嫌いな人には耐えられない、というのもわかりました
僕は平気でした。意外と美味しいです。

↓タピオカ入りココナッツミルク
タイ料理③
辛い鶏肉炒めを白ご飯(タイ米)で食べて
おなかいっぱいになったあと、デザ-トが来ます。
ほんのり甘いココナッツミルクにつぶつぶのタピオカ
甘辛のギャップが激しいのも面白いですね。

↓大阪駅ビル内のお店
タイ料理④
タイ料理のイメ-ジって
①辛い味付け→ダイエット ②ハ-ブ(香草)→おしゃれ
のイメ-ジが強く、圧倒的に女性に支持されるモノになってますよね。
食べたこの日も、お店のお客さん8割が女性でした。

でもタイ料理は美味かったです。
美味しいんだからいいですよね。
今後、タイ料理は外食の選択肢の一つに入ります
またひとつ選択の幅が増えました。

よかったよかった。(^^)

・・・関西にはまったく関係無いタイ料理の話でした。


なんとなく、夏は終わった感じがしますね。
我が家の窓から見た夏の終わりの景色。
特に何も無い、それだけの景色ですが、
ちょっと面白かったので並べてみました。

↓「豪雨」
窓から①
この夏は特に頻発しました。
夕立と夜中の豪雨。

↓夕焼け
窓から②
いい天気も続きました。
キレイな夕焼けも
多かったんですよね。

↓もっと夕焼け
窓から③
明日もいい天気な感じなので
夕焼けは大好きです。

↓蝉
窓から④
これは、朝ベランダでじっと休んでいた蝉。

朝っぱらから蝉が大音響で鳴きはじめ
不必要に早い時間に叩き起してくれることは
なくなりましたが、それが夏の終わりを感じさせます。
やはりちょっとだけさびしい感じがしますよね。

蝉のみなさん。
今年も夏らしさをありがとう。
お疲れ様でした。
尼崎市駅めぐりサイクリングも
ついに最終回となります。
最後の駅は阪急園田駅。

藻川と猪名川にはさまれ
大阪府豊中市と隣接する
尼崎市の北東部の中洲部分
その中州の南西の端に
園田の駅があります。

↓中洲
中洲①
中洲は遊歩道で一周できます。

駅に行く前にちょっと寄り道。

園田競馬場
阪急園田①
地方競馬の園田競馬場
ギャンブルに疎く、あまり詳しく説明できませんが、
この競馬場はかつて、サラブレッド種ではなく、
アラブ種と言う競走馬でおこなうレ-スをメインにした
競馬場として名を馳せたことがあるのだそうです。
行ったこの日はお休みでした。

↓外から見えるメインスタンド
阪急園田①-2
中州の豊中市側の遊歩道から競馬場の中が覗けます。
町中で馬の居る景色がある、厩舎の中もみられますよ。

↓ランディングアプロ-チ中
阪急園田①-3
目と鼻の先に伊丹空港があるので
信じられないくらいの至近距離で
ランディング中の旅客機を眺められます。

この距離なら、
伊丹空港へは自転車で行けますね・・・
行きませんでしたけど。

阪急園田駅
阪急園田②

阪急園田③

住宅街の中の私鉄の高架駅。
規模は小さいけどいろいろな店舗が入った
駅ビル(ホ-ム下)の園田阪急プラザ
見て歩きだけでも意外と暇がつぶせます。

↓南口
阪急園田④
南口からまっすぐ進むと
すぐに藻川の堤防に出ます。
対岸には新幹線が走ってます。
のどかな藻川の景色の中
遠くで新幹線と阪急電車が
立体交差する景色が在ったりして
景色的には飽きない散歩道があります。

↓看板、デカっ!!!
中洲②
この河川標識は、新幹線から見ることを前提に作られてます
いくらなんでもココまでデカくなくてもいいんじゃないですか?
ってくらいに巨大です。近くで見るとちょっと笑えます。

↓中洲南端
阪急園田⑤
ちっちゃい小島。

政令指定都市でもないひとつの市に13もの駅がある尼崎市ですが、
その駅は、どれもただ住宅街を結ぶだけのありきたりな駅ではなく
こんなに小さい自治体なのに、各駅ごとにしっかりした町の個性が
在った感じで、ただのベッドタウンじゃない空気があるんですよね。

いまさらですが、尼崎市も面白いですね。 (^ヮ^)

↓夕暮れの入道雲
阪急園田⑥

ああ、疲れた・・・、でも面白かったなぁ。









JR猪名寺駅。
駅の南北は工場街、
西には高校が、東には小学校が
線路をはさんで建っています。

↓JR猪名寺駅東口(小学校側)
JR猪名寺②

↓JR猪名寺駅西口(高校側)
JR猪名寺①

ほんとに住宅と学校と工場しか無いようにみえる駅前ですが、
この猪名寺駅こそが、尼崎北部の巨大複合商業施設
グンゼタウンセンター つかしん」の直近の最寄り駅です。

つかしん
JR猪名寺③
1985年にグンゼ産業尼崎工場跡地に誕生、
尼崎市の姉妹都市、ドイツ・アウグスブルグの
街並みをモチ-フにし、内装はヨ-ロッパテイスト。

ココ一軒でおそらく衣・食・生活(住は無理です)
のすべてをまかなえるのではないか?
というくらい多岐にわたるショップ群が圧巻です。
レストランショップ群は特に充実してます、
おそらくなんでも食べられる感じ。(←大げさ)
加えて言うならそのほかにも、スポーツジムはあるわ
フットサルグラウンドはあるわ、ス-パ-銭湯はあるわ、
敷地内には川が流れるわ、川沿いに憩いのスペ-スがあるわ
1日ココで過ごすことが出来る場所と言っても良いでしょう。
(1日過ごすかどうかは個人の判断にお任せします)

↓カリヨンガ-デン(過去画像、6月頃)
つかしん①
川沿いの散策路と水辺の広場が敷地内にあります。

↓噴水広場(過去画像、6月頃)
つかしん②
噴水の周りは、
真夏の炎天下にはお子様大喜びの
水遊び場になっていました。

↓傾斜エレベ-タ-
つかしん③
屋上にあるフットサルグラウンドへ直行する
大掛かりな傾斜式エレベーター。
ゴンドラが屋上まで斜めに登っていきます。

↓真昼間から プチ・ビアガ-デン
JR猪名寺④-2
川沿いに、小規模な、
ビ-ルとおつまみの露天が夏の間だけ出てました。
ビアガ-デンの周囲はミスト散布で気温調整を実施したました。

↓ミスト散布でちょっとひんやり
JR猪名寺④-3

ビ-ル飲みたかったけど
延々自転車をこいできた体は
甘いものをほしがっていました。
だから甘いものでちょっとブレイク。

↓マンゴー&パッションフル-ツ フラペチ-ノ
JR猪名寺④
夏季限定メニュー。
疲れた体には
異様に美味しかったです。

あと一息で、尼崎市内一周
駅めぐりサイクリングもおしまいです。
もう飽きしましたか?飽きましたよね。

・・・でも、まだ続きます。









今日から九月です。
が、新しいことをはじめるでもなく
真夏サイクリングの続きです。
くどいです。

JR塚口駅
森永製菓の尼崎工場の最寄り駅です。
その北側には三菱電機伊丹製作所。
駅南西には住友ベ-クライトと住友鋼管の工場群
工場銀座と住宅街のど真ん中、昼間は静かな駅です。

↓巨大お菓子工場
JR塚口①

↓工場側の東口
JR塚口②

↓ホームはこんな具合
JR塚口③

↓住宅街側の西口
JR塚口④

駅の西側には入園無料の植物園「上坂部西公園」があります。
兵庫県立青少年創造劇場「ピッコロシアター」はコチラが最寄り駅。

個人的には、使わない駅なんですよね。

| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2008 初めての関西。, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。